B1新潟、米大学留学の木村圭吾と契約合意「日本でのプレーを決断」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22

B1新潟アルビレックスBBは22日、SG木村圭吾(20)との契約合意を発表した。

東京都出身で八王子学園八王子高から米セントジョセフ大に留学していた。木村は「(米国は)コロナの影響で昨季が中止になり、今年も不透明な部分が多く、日本でのプレーを決断しました」とクラブを通じてコメントした。

川上社長は「高校ではエースで活躍し、スラムダンク奨学生として渡米した選手で負けん気の強さと3点シュートが得意」と木村を高く評価し、「チームに活力を与えてくれることと期待します」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加