楽天・島内“脱4番”打 2安打3打点「明日は何番か楽しみ」石井監督に圧!

楽天・島内“脱4番”打 2安打3打点「明日は何番か楽しみ」石井監督に圧!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

7回2死一、二塁、楽天・島内は右中間へ2点適時二塁打を放つ

「ソフトバンク4-7楽天」(3日、ペイペイドーム)

殊勲の一打を放った男に笑顔はなかった。島内が勝ち越し打と中押し打の2安打3打点の大活躍。それでも試合中に届いた勝ち越し打の談話はまさかの「コメントは出さないです」の一言のみ。試合後にその理由を問われると一転して「何もないんですけど、今日は機嫌が悪かったので」と笑顔を見せた。

前打者・浅村の適時二塁打で同点に追いついて迎えた五回2死二塁の場面。真ん中に入ったボールを見逃さずに中前へはじき返すと、塁上では表情を変えず、ベンチに拳を突き出した。七回2死一、二塁の場面でも右中間を破る2点適時二塁打。「最近本当に打てない中、こういう形で出させてもらっているので、なんとか打ちたいなって気持ちだけです」と振り返った。

ここ4試合は浅村と入れ替わって4番起用が続く島内。だが、本人は「4番を打ちたくない」と石井監督に話しているらしく、「4番じゃなかったらもっと打ってると思うので。これを聞いていただいて、明日は何番になっているか楽しみにしてます」と冗談めかした。

これでチームは今季ソフトバンクに初勝利。“脱4番”を掲げる背番号35が4番にふさわしい活躍を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加