“業師”の立ち合い変化に名物実況アナが「本当に珍しい」と驚き 相撲ファンも反応「ほー」「かわった!」

“業師”の立ち合い変化に名物実況アナが「本当に珍しい」と驚き 相撲ファンも反応「ほー」「かわった!」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/03/19
No image

<大相撲三月場所>◇七日目◇18日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

前頭六枚目・遠藤(追手風)が、前頭九枚目・碧山(春日野)を押し倒しで下した一番で、元NHK大相撲中継の実況でお馴染みの藤井康生アナウンサーが遠藤の立ち合い変化を指し「本当に珍しいです」と熱を込める場面があった。

【映像】業師の“珍しい”立ち合い変化に騒然

立ち合いで右に変化した遠藤は、すかさず碧山を力強く土俵に沈め、5勝目をあげた。碧山は3敗目。崩れるように敗れた碧山の姿に実況席も「大丈夫でしょうか?」と心配そうにしていたが、その後、問題なさそうに立ち上がっていた。

この取組を受け、同じく解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏が「遠藤が変化したので、碧山は驚いたのでしょうか」と話すと、藤井アナは「本当に珍しいです」と一言。それからVTRを確認した花田氏は「(碧山の)右足がもつれてるんですね」と状況を理解し、「怪我したというより、俺何してるんだろうって感じでしょうね」と結んでいた。

また、“業師”として知られる遠藤の立ち合い変化に対しては視聴者からも「おーめずらし」「ほー」「かわった!」といった驚きの声が上がっていた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加