セクゾ菊池はなぜ「下ネタ&脱ぎキャラ」OKなのか

セクゾ菊池はなぜ「下ネタ&脱ぎキャラ」OKなのか

  • めるも
  • 更新日:2021/10/15
No image

ジャニーズの人気グループ「Sexy Zone」(セクゾ)菊池風磨が世間に強烈なインパクトを与えている。

ジャニーズ所属タレントらしからぬ「下ネタ」や「脱ぎキャラ」で話題をかっさらい、人気を博しているからだ。

全裸ドッキリが話題に

先月21日にフジテレビ系列で放送された「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP ドッキリも地球を救う4時間TV SP」では以前と同様にまたしても〝全裸ドッキリ〟を仕掛けられ、今や自身の持ちネタになっている「許せない!」の決め台詞を絶叫。SNSやネット上でも大きな話題を集め、複数の関連ワードがトレンド入りした現象は記憶に新しい。

今月11日にはニッポン放送で深夜にオンエアされた「SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル」にゲスト出演。この日、パーソナリティーを務めたSixTONESの田中樹と森本慎太郎とともにジャニーズJr.時代のトークで盛り上がると、やや暴走気味になって「下ネタ」に話題が及んだ。菊池が小学生の頃にステージへ上がった後、一緒にシャワーを浴びていた田中の〝大事な箇所〟の形について突如暴露し始めたのだ。3人は拍車がかかり、この「下ネタ」でさらにヒートアップ。オンエア終了後もリスナーから「面白い」と数多くの反響が次々と寄せられており、同番組制作担当の関係者は「菊池さんの物怖じしないトークと三枚目キャラは本当に凄い。ぜひ定期的にゲスト出演していただき、いい意味で番組をまたぶっ壊してほしい」と大喜びしている。

それにしても不可解なのは、なぜ規律に厳しいはずのジャニーズに所属しながらも菊池がここまでハメを外せるのかという点だ。ひと昔前ならジャニタレがラジオで下ネタを自ら切り出したとなれば、事務所から即座に厳重注意となるか、もしくはひっそりと干されることになってしまうはずである。

ジャニーズ事務所と独自のホットラインを持つ芸能評論家兼スポーツライター・後藤茂喜氏は「菊池は二面性を使い分ける天才キャラで、それが事務所幹部からも高く評価されているからです」と打ち明け、次のように続けた。

演技も大絶賛

「下ネタや脱ぎキャラだけのキャラクターなら、とっくにダメ出しされています。その一方で菊池には非常に真面目な一面があり、舞台でも一昨年に『ハムレット』を演じ、有識者たちから絶賛の嵐を浴びた経歴を持っている。演技力は『天才』と称されているほど。菊池の才能を見抜いていたのが、2年前にこの世を去ったジャニー喜多川さん。その流れもあって、ジャニーズ事務所の若手タレントが多数出演し、ジャニーさんが生みの親として知られる舞台『DREAM BOYS』(6日初日)にも盟友のSixTONES・田中とともにタッグを組んで今、主演を務めている。セクゾには〝派閥〟の関係でイマイチ気持ちが入っていないと言われていた藤島ジュリー景子社長も、二面性を使い分ける菊池の天才ぶりについては『ウチの宝』と絶賛していると聞く。トップがゴーサインを出しているのだから、菊池は堂々と従来の下ネタ、そして脱ぎキャラも継続できるというワケです」

思えば菊池は慶応義塾大学総合政策学部を卒業した知性派。事務所からの強力な後ろ盾を得て今後のさらなる躍進が期待できそうだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加