“イラン代表のメッシ”アズムン、6年前に「僕とメッシのどこが似てんだ?」と言っていた

“イラン代表のメッシ”アズムン、6年前に「僕とメッシのどこが似てんだ?」と言っていた

  • Qoly
  • 更新日:2022/11/25
No image

かつて「イランのメッシ」と呼ばれていたイラン代表FWサルダル・アズムン。

ただ、彼は決してそのようなドリブラーではない。ユース代表では3トップのウイングやインサイドハーフでもプレーしていたが、よりストライカータイプの選手である。

そのためよく「誰がイランのメッシと呼び始めたんだ」というのはワールドカップのたびに話題となる。

今回改めて調べてみると、『golestanema』が、2015年1月開幕のアジアカップに向けて2014年11月に配信していたニュースにおいてこのような記述があった。

『golestanema』「アジアサッカー連盟のウェブサイトでは、レポートの中でイランの代表チームの若手ストライカーであるサルダル・アズムンを紹介し、「イランのメッシ」として知られるようになった。しかし彼はプロのサッカー選手になるためにダイレクトな道を通らず、10代の頃はイランのバレーボールチームでプレーしていた…」

ちなみにサルダル・アズムンの父親はイランのバレーボール選手であるハリル・アズムン。サルダル自身イランの女子バレークラブを所有しているオーナーだ。

【動画】アズムンの父親も出ているドキュメンタリー

それはともかく、2014年の段階でアジアサッカー連盟のレポートでメッシとの類似性が指摘されていたということらしい。そしてこの時期のニュースを調べてみると、『tarafdari』のインタビューで興味深いコメントがあった。

サルダル・アズムン「(メッシと類似性が指摘されていたが?)このニックネームがどこから来たのかわからないよ。僕のどこがメッシに似ているんだい?僕の特徴はメッシとは全く違うし、このニックネームは全然好きじゃないよ!僕が好きな選手はズラタン・イブラヒモヴィッチだ。サッカーにおける彼のプレーが好みなんだ」

ちなみにバレーボールについては「今も大好きで、まだまだうまいよ!イラン代表に招集されたこともあるけど、サッカーのほうが好きだったんだ」と語っていた。

なおこの『tarafdari』のインタビューは2016年5月に配信されたものだった。これからは「イランのズラタン」と呼ぶべきなのか…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加