【西武】松坂大輔投手の背番号が16から18に変更 19日の引退試合に備え

【西武】松坂大輔投手の背番号が16から18に変更 19日の引退試合に備え

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/10/14
No image

今季限りでの引退を表明している西武・松坂大輔投手(41)の背番号が16から18に変更された。14日、NPBが公示した。

松坂は西武に復帰した20年シーズンから16番をつけていたが、引退試合となる19日の日本ハム戦(メットライフD)での登板について辻監督が「18番のユニホームを着てマウンドに上がります」と公表。その準備として背番号を変更した。

松坂は西武入団1年目の99年から米大リーグ・レッドソックスへ移籍するまでの8年間、18をつけており、現在は空き番になっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加