全市民46万人の住基データ、委託業者の協力先社員が許可得ずUSB持ち出し 居酒屋で飲食後紛失 兵庫・尼崎

全市民46万人の住基データ、委託業者の協力先社員が許可得ずUSB持ち出し 居酒屋で飲食後紛失 兵庫・尼崎

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/06/23

兵庫県尼崎市の全市民約46万人分の個人情報を記録したUSBメモリーを同市の委託先関係社員が紛失した問題が23日に判明し、この社員は約3時間にわたって居酒屋で飲食し、酔って路上で寝ている間にUSB入りのかばんをなくしていたことが市への取材で分かった。

No image

市民の個人情報が記録されたUSBメモリーの紛失について謝罪する尼崎市の土元英樹総務局長(左)ら=尼崎市役所

委託先は大阪市の「BIPROGY(ビプロジー=旧日本ユニシス)」関西支社で、尼崎市の新型コロナウイルス臨時特別給付金の支給事務全般を担っている。

ビプロジー(ビ社)によると、個人情報は大阪府吹田市のコールセンターで市民の問い合わせに対応するために必要で、21日に関係する別会社の40代男性社員に対し、USBを使って市からデータを持ち出し、センターで入力するよう依頼したという。

この社員は移管作業を済ませると、ビ社の社員3人に誘われて午後7時半~10時半に居酒屋で飲食。帰る途中に路上で眠ってしまい、22日未明に目覚めて紛失に気付いた。その後、周辺を捜しても見つからず、同日中に大阪府警に遺失物届を出し、ビ社を通じて午後4時前に尼崎市に伝えた。

市はビ社との契約時に、データの持ち出しには市の許可が必要で、やむを得ない場合もUSBから速やかに消去するよう求めていたが、ビ社は社員に明確な指示をしていなかった。

USBに入っていたのは、全市民の住民基本台帳情報▽住民税情報約36万件▽非課税世帯や生活保護受給世帯など約8万3千件の給付対象世帯情報▽生活保護・児童手当受給世帯の口座情報約8万6千件。閲覧にはパスワードが必要で内容は暗号化処理されている。市は専用ダイヤル(TEL050・3133・1403)で市民の相談に対応している。

(広畑千春)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加