給食に“釘”混入...北九州市の小中2校けが人なし

給食に“釘”混入...北九州市の小中2校けが人なし

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2022/05/14

北九州市八幡西区の小学校で13日、給食から釘のような物が見つかりました。

小倉南区の中学校でも11日に同様の事案があり、警察などが詳しく調べています。

警察と北九州市教育委員会によりますと、北九州市八幡西区の中尾小学校で13日、児童に出された給食から金属状の異物が見つかりました、長さおよそ2センチの釘のような物で、児童は食べる前に気づき、けがはありませんでした。

小倉南区の沼中学校でも11日、給食から釘のような物が見つかりましたが、食べていた生徒にけがはありませんでした。

給食は別の場所で調理されたものですが、釘のような物は同じ食材に混入していました。

市教委は原因を調べるとともに、異物が見つかった食材について、当面の間使用を見合わせる方針です。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加