日本茶の新たな楽しみ方を提案する〈瀧爪〉で、整う茶室体験を。

日本茶の新たな楽しみ方を提案する〈瀧爪〉で、整う茶室体験を。

  • カーサ ブルータス
  • 更新日:2022/08/06

August 6, 2022 | Culture | casabrutus.com | text_Kanae Hasegawa editor_Rie Nishikawa

伝統的だけれども現代的な日本茶をコンセプトに、日本茶の新たな楽しみ方を提案するブランド〈瀧爪〉が誕生。品川にある〈瀧爪〉の茶室でその世界を体験できます。

No image

コーヒー、お茶などの嗜好品には、目覚めさせる、リラックスさせる、などいろいろな効果がある。瀧爪では、“整える”ための日本茶を提案する。その体験の場として、品川の一軒家の中に茶室〈瀧爪〉を開設した。ネーミングの由来は主人の名前からではあるが、「瀧」には流れが森を浄化するように、お茶が体の中を流れ、浄化してほしいというメッセージが、「爪」は枝に留まり羽を休める鳥のイメージから、忙しく動き回る人々にここでゆっくり一息ついてほしいという願いが込められている。

No image

茶席は座卓を自分で組み立てるところから始まる。

茶室では、〈調ふ茶〉として120種ほどの茶葉から選んだ主に九州地方産の茶3種と、それに合わせて季節ごとに主人が考案し、手作りする菓子のペアリングを提供する。九州産が多いのは、「進歩的な姿勢で茶づくりに取り組む農家が多いから」と主人は言う。

No image

路地裏、探すのも困難な〈瀧爪〉の入り口。〈瀧爪〉の表札は文字を彫っているのではなく、木の上に何度も漆を厚塗りしている。勇壮な書体は将棋の駒のよう。

〈調ふ茶〉は夏の季節、ゆっくりと水出しした釜炒り玉緑茶から始まり、まろやかなほうじ茶、そして締めはしっかりと旨味のある蒸し製玉緑茶で組み立てられている。蒸し製玉緑茶は甘いご飯のような香りが立ち上り、締めにふさわしい茶。煎茶に自家製柚子シロップを添えることもある。
「オーソドックスな緑茶や日本茶の飲み方だけでなく、現代の嗜好に合った日本茶の楽しみ方を提案したいんです。日本通の外国人であっても、すぐにしめ鯖鮨を食べることはできないでしょう。カリフォルニアロールのような日本茶が合ってもいいと思うんです」
こうしたお茶に対する型にはまらない主人の姿勢は長い海外暮らしから生まれた。

No image

朝餉(あさげ)をいただける朝の〈福の茶〉コース。

茶と菓子のコースだけでなく、朝活ならぬ、朝食にも力を入れている。土日の朝に提供される〈福の茶〉コースは、焼き魚、副菜、漬物の一汁三菜から成り、すべて主人がひとりで料理している。キャベツの和え物にはターメリックを忍ばせ、しば漬けの素材には茄子ではなく、キュウリを使うなどオーソドックスな和食に変化球を投げ込む。

No image

ロゴから、グラフィックデザイン、茶のパッケージデザイン、看板、空間の一部、茶室内の環境音のディレクションなど、KIGIが担当した。

こうした〈瀧爪〉のアイデンティティを可視化する上で、グラフィックデザインが効いている。ロゴ、パッケージデザイン、掛け軸、ショップカード、メニュー、領収書のデザインに至るまでアートディレクター・KIGIの植原亮輔が担当したデザインは、日本茶のもつ伝統的なイメージの中にも、現代のテクスチャーを感じさせるグラフィックとなっている。
〈瀧爪〉は、表門をくぐるとつくばいを再解釈した身を清める空間が配されていたり、路地が設けられていたり、茶室の伝統的な要素を随所に取り入れている。その一方で、茶や菓子をいただく座卓を客自らが組み立てたり、筒に収まった献立表をほどいたり、伝統的な茶の湯とは異なり、より能動的な体験を提案している。意識を集中させ、おのずと心が整っていくようなお茶を体験してみてはいかが。

瀧爪東京都品川区東品川1-28-7。オンライン予約制。Instagram:@takizmeでの問い合わせ可能。〈調ふ茶〉三種のお茶と季節の菓子コース4500円は土・日曜11時、15時、18時。〈福の茶〉お茶と朝餉コース2900円は土・日曜8時30分。月〜金曜休。英語対応可能。

casabrutus.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加