芸能界、本当に枕営業はある? 過去には眞鍋かをりらが告発して話題に

芸能界、本当に枕営業はある? 過去には眞鍋かをりらが告発して話題に

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/05/04
No image

マリエ

4月、タレントのマリエが、過去に枕営業を強要されたと告発して話題になった。

その場に居合わせたというお笑いタレントの出川哲朗らが否定したことから、水掛け論となったこの告発。無関係のタレントからも「芸能界に枕営業はあるかないか」の証言が飛び交い、議論が巻き起こっていた。

しかし、実は過去にも芸能界の枕営業について、その存在を証言した芸能人がいるという。そのひとりがタレントの眞鍋かをり。

「眞鍋の告発のきっかけとなったのは、2009年から起こったかつての所属事務所アヴィラとの契約解除を求める裁判。その裁判の中で、眞鍋が用意した書類の中に、『マネージャーから、アヴィラの事実上のオーナーと関係を持つことで番組に出演できたタレントがいると聞かされた』などとあった。あくまで“聞かされた”話ではあるものの、世間を騒然とさせるには十分な内容でした。もちろん、アヴィラは取材に対し枕営業の事実を否定。2011年に和解が成立し、それ以上掘り下げられることはありませんでした」(芸能ライター)

>>マリエの衝撃告白は暴露本出版のため? 意外な人物が紳助さんの現状明かしていた<<​​​

また、女優の濱松恵も自著やテレビなどで芸能界の枕営業を暴露している。

「18年2月15日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演した濱松は、テレビ局や出版社の上層部から『接待来ないんだったらもう仕事をあげないよ』と言われたと告発。性別も関係なく、俳優が女性プロデューサーに対し枕営業を行っている場合もあると明かしていました。とはいえ、濱松によると事務所の力も大きく、大手事務所の場合は枕営業を持ちかけられることもないとのことです」(同)

さらに、2015年には、アイドルグループ・仮面女子の当時の現メンバーと元メンバー4人が『週刊文春』に枕営業を告発し、話題になった。

「『文春』によると、告発した4人のうち2人が運営会社社長の池田せいじ氏に迫られ、肉体関係を持っていたとのこと。生々しい性接待の全貌が明らかになり、アイドルファンからは困惑の声が続出しました。その後も仮面女子は活動を継続していますが、メンバーからの実名告発はいまだない状態です」(同)

定期的に持ち上がる芸能界の枕営業の存在。現在活躍している芸能人の中にも被害者は多いのだろうか――。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加