大チャンス!負傷中の「スター選手」に代わり活躍しそうな5名

大チャンス!負傷中の「スター選手」に代わり活躍しそうな5名

  • Qoly
  • 更新日:2020/11/22
No image

現在負傷者が続出しているヨーロッパサッカー。パンデミックによる短い休暇、過密スケジュールもその一因ではないかと思われる。

今回はそんな厳しいチーム事情の中で、“新たな希望”となり得る存在を見ていきたい。

ナサニエル・フィリップス(リヴァプール)

No image

激しいプレースタイルが災いしてか、特にダメージを受けているのがリヴァプールだ。

守備陣は崩壊しており、特にセンターバックは主軸のファン・ダイク、ジョー・ゴメスの両選手の長期離脱が予想されている。

代役候補の一人、フィリップスはユース出身のセンターバックであり、昨季はローン先のシュトゥットガルトで遠藤航ともプレーした。

呼び戻しに再レンタルと、チームを右往左往する慌ただしいシーズンを送ったが、結果的にシュトゥットガルトをブンデス昇格へと導いた選手である。

コラン・ダグバ(PSG)

No image

多くのポジションで負傷者を抱えるPSG。

特にティロ・ケーラーの状態は深刻で、しばらくの間はセンターバックと右サイドバック両方でプレーできる選手を失うことになるようだ。

開幕から右サイドは主に新加入のアレッサンドロ・フロレンツィが起用されているが、下部組織出身のダグバにもチャンスが与えられそうだ。

この22歳のDFは2018-19シーズンにプロデビューを果たしながらも、PSGというメガクラブで、これまでなかなか継続的な出場機会を得ることができずにいる選手である。

マルク・ロカ(バイエルン)

No image

ヨシュア・キミッヒが離脱することになったバイエルン。

チームは中盤の重要な選手をしばらく欠くこととなるが、選手層は厚い。何人かの代役候補がいる中で、注目したいのがエスパニョールから新しく加入したマルク・ロカだ。

ELを戦いながも、最下位でセグンダ降格を味わうという波のあるキャリアを送ったMFである。それでも評価の高い選手であり、降格のタイミングで比較的安い金額で欧州王者へと買われていった。

まだあまり出場機会がないが、果たしてこれから増えるだろうか。

フランシスコ・トリンカオン(バルセロナ)

No image

“神童”ファティを欠くバルセロナ。状態はかなり悪く、長期離脱となるようだ。

代わって出場機会が伸びそうなのが、同じく若いアタッカー、トリンカオンだ。

昨季ポルトガルのブラガで8ゴール8アシストを記録したこのレフティは、バルサがシーズン途中におよそ3000万ユーロを支払って獲得したことで話題となった。

今季はここまで主に途中出場で使われているが、今後の人員配置によってはスタメン起用等、重用されることになるかもしれない。

ミッチェル・バケル(PSG)

No image

昨季は重要な存在だったPSGのフアン・ベルナトだが、怪我の影響で今季はこれまでリーグ戦3試合の出場のみにとどまっている。

今後もしばらくは欠場する見込みとなっているが、そんな中でポジションを掴んだのは、若いオランダ人DFバケルであった。

彼は昨年アヤックスからフリーで引き抜かれた、左利きの大型DFである。昨季はリーグ戦では1試合のみの出場だったが、カップ戦では存在感を発揮し、二つのコンペティションで決勝を戦った。

【関連記事】「バルセロナを逃げ出してから輝いた」5名の選手

今季はより重要な存在となっており、注目の選手である。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加