TBS「恋する母たち」に出演する若手10代トリオの演技が好評

TBS「恋する母たち」に出演する若手10代トリオの演技が好評

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/20

女優、木村佳乃(44)主演のTBS系「恋する母たち」(金曜後10・0)を別の視点から描く動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のオリジナル作品「恋する男たち」の第4話が20日に配信される。

「恋する母たち」は柴門ふみさんの同名漫画が原作。子育てや仕事に奮闘する母親3人の恋愛が描かれ、脚本は恋愛ドラマの名手、大石静さん。3人の母親を木村、吉田羊、仲里依紗(31)が演じる。

各家庭の息子たちを演じるのは注目の若手俳優である奥平大兼(17)、宮世琉弥(16)、藤原大祐(17)。恋に落ちる母たちの変化を感じ取る思春期の複雑な心理を繊細に表現し、ネット上では「お芝居がリアル」などと好評。放送関係者は「このドラマでの演技で女性を中心にファンが増えている」と分析していた。

「恋する男たち」の第4話では名門高校の同級生である息子3人が主人公。彼らのひと夏の思い出とともに、それぞれ心に秘めた思いが描かれる。一方、20日は「恋する母たち」の第5話が放送。それぞれの家庭に生じた禁断の恋による不協和音が描かれ、息子たちにも影響を及ぼしていく。

No image

TBS系「恋する母たち」に息子役で出演する左から藤原大祐、奥平大兼、宮世琉弥(提供写真)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加