JR東日本、新幹線検測車E926形「East i」車内見学ツアーを9月開催

JR東日本、新幹線検測車E926形「East i」車内見学ツアーを9月開催

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

JR東日本仙台支社は21日、「東北デスティネーションキャンペーン」特別企画として、東北新幹線白石蔵王駅にて旅行商品限定「東北DC特別企画 激レア体験! 新幹線検測車East iに潜入! IN 白石蔵王駅」を9月11日に開催すると発表した。

JR東日本E751系「リバイバル特急スーパーはつかり」9月に特別運行

E926形「East i」(イーストアイ)は、新幹線が安全に走行するため、軌道や電気設備を定期的に検査する新幹線電気・軌道総合検測車の愛称。「East i」は最新技術を取り入れ、より速い速度で検査を行えるため、新幹線をベストコンディションに維持するという。

9月11日の「East i」見学会では、JR東日本社員の説明を聞きながら、普段乗車できない「East i」の車内を見学できるほか、ミニ新幹線の運行、キツネ小屋展示コーナー、9月11日限定のキツネ駅長カードの配布、新幹線に関わる情報コーナー、「East i」をモチーフとした掛紙付の特製弁当など用意されている。

旅行商品は東京駅発着、東京駅発仙台駅着、仙台駅発着などのコースがあり、旅行代金は東京駅発着の場合で大人2万3,000円・こども1万2,000円、東京駅発仙台駅着の場合で大人1万6,000円・こども9,000円、仙台駅発着の場合で大人9,700円・こども7,000円。申込みは7月26日14時頃から8月2日23時59分まで、びゅうトラベルサービス「日本の旅・鉄道の旅」サイトで受け付ける。

木下健児

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加