千鳥ノブ、賞レース審査員に選ばれない理由に嘆き 「上から見ないでほしい」

千鳥ノブ、賞レース審査員に選ばれない理由に嘆き 「上から見ないでほしい」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/21
No image

20日放送『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)で千鳥・ノブと大悟、博多華丸・大吉ら番組レギュラーのなかで「賞レースの審査員をしてほしい芸人」を賞レースのファイナリストが選抜。その結果にノブが嘆いた。

◼賞レースの審査員

さまざまなランキングの順位を予想、全て的中させると賞金100万円が獲得できる人気企画『ランキングぴったり当てたら100万円』をこの日は放送。

「去年のM-1ファイナリストが選ぶ賞レースの審査員をしてほしい人ランキング」と題して、千鳥と博多華丸・大吉、かまいたち・山内健司らレギュラーメンバーとゲストの麒麟・川島明の6人のなかで賞レースの審査員にふさわしいのは誰か、当人らが予想していく。

関連記事:千鳥・大悟、先輩に失礼な態度をとるノブにガチ説教 「あれはアカンで」

◼山内は不満

このなかで審査員経験者は大吉、川島、山内の3人だが、事前の個人予想では上位に大吉と川島、大悟の名が目立つ。

対して下位に予想されがちだった山内は「賞レースの実績のあった人に審査してもらいたい」と主張、「言ったらあれですけど千鳥さんは賞レースでなんの実績もない。賞レースにめっぽう弱い」と厳しい意見を述べ、千鳥と華丸が下位だと予想する。

川島は回答者の名前を見て「インディアンス、おいでやすこが、ニューヨーク、見取り図は『ラヴィット!』でめっちゃ優しくしてる」と、自身MCの朝の帯番組『ラヴィット!』(TBS系)出演者の票が入ると力説した。

◼ノブは3位と予想も…

ほぼ全員から下位だと予想されていたノブだが、最終的に大悟の強い推しもあり、全員で決める最終的な予想は大悟、川島、ノブ、大吉、山内、華丸の順。その予想通り、大悟と川島に票が集まるが、ノブには「1番審査してほしくない人」で名前があがる展開に。

「上から見ないでほしい。プライベートがあまりおもしろくない」「人を審査してはいけない」「自分の映りしか気にしてない」「好感度が高いので、自分の評判が落ちないように全員同じ点をつけそう」「ネタをまだなんらわかってない」と厳しい意見がノブに集中し、ノブの悲鳴が止まらない。

◼視聴者の意見は?

『ラヴィット』票も入り1位は川島、大悟、大吉、華丸、山内と続き、ノブは屈辱の最下位に。ノブは「なんでこんなとこに座っとるんや」と3位の席に座った自分を叱りつけ、笑いを誘った。

この結果を視聴者も満喫。「川島さん1位は納得。ノブさんのだんとつ最下位意外ウケる」「このメンツで審査員をノブ選ぶわけなかろうもん」「ノブに審査員感ないやろ」と多くの意見が寄せられている。

・合わせて読みたい→千鳥・大悟、これまで顔を洗った経験なし 40歳で初洗顔に「透明感スゴい」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加