コスパ最強!?年会費3万円で利用できるエポスカードの最上級カード「エポスプラチナカード」

コスパ最強!?年会費3万円で利用できるエポスカードの最上級カード「エポスプラチナカード」

  • @DIME
  • 更新日:2020/09/15
No image

丸井グループが発行している「エポスカード」の中で最上位に当たるのが、「エポスプラチナカード」である。通常年会費は3万円(税込)であるが、年間利用額100万円以上であれば、実質年会費無料で利用することも可能。“最上位”にふさわしいハイグレードな特典を数多く備わっている魅力的な1枚だ。

そこで今回は、メリットやデメリットなども紹介しながら、「エポスプラチナカード」の実力を紐解いていく。

【参考】エポスプラチナカード|クレジットカードはエポスカード

エポスプラチナカードの年会費

冒頭でも紹介したように、エポスプラチナカードの通常年会費は3万円(税込)である。しかし、年間利用額が1度でも100万円を超えればそれ以降の年会費が2万円(税込)になる。また、エポスカードからの招待でプラチナカード会員になる場合も年会費が2万円となる。

ボーナスポイント付与で年会費が実質無料?

No image

エポスプラチナカードは、年間100万円の利用で通常のエポスポイントとは別に2万ボーナスポイント(1エポスポイントは1円分として利用可能)が付与される。すなわち、年会費分のポイントをもらうことができるので、“実質年会費無料”で利用可能とも言えるだろう。

エポスプラチナのインビテーション

エポスプラチナカードは自分で申し込むこともできるが、インビテーションが届くことがある(インビテーションが来た場合は年会費が2万円)。この条件の詳細については明らかにされてないが、年会費が2万円に割引となる年間利用額100万円がインビテーションを受けられるかどうかの目安のひとつになると推測できる。

エポスプラチナカードのメリット

エポスプラチナカードは“プラチナ”の名にふさわしく様々な特典が付帯している。ここからはより具体的にエポスプラチナカードが持つメリットを紹介していく。

プライオリティ・パスが無料|世界各国のラウンジで利用可能

No image

エポスプラチナカードは、年会費429USドル(約4万5千円)かかるプライオリティ・パスに、無料で登録できる。

【参考】世界に広がるラウンジ・ネットワーク|プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとはVIP空港ラウンジが利用できる権利のことで、世界148か国、1300か所以上の空港ラウンジで、軽食やアルコール類を楽しみながら、搭乗までの時間を楽しめるサービスが受けられる。

Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)

24時間365日対応のVisaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)のサービスも、Visaプラチナカードの会員なら、24時間365日利用できる。出張の宿泊先予約やレストランの手配、旅行のサポートまで、電話でもネットでもリクエストに応えてくれる。

プラチナグルメクーポン|高級レストランが無料

No image

※画像はイメージです

レストラン優待があるのもエポスプラチナカードの大きなメリット。プラチナグルメクーポンを使うと、全国約90店舗のハイクラスなレストランが本人分無料となるので、会食やデートの際にも大きく役立つ。

家族のエポスゴールドカードの年会費が無料に

エポスプラチナカード所持者からの紹介なら、家族は通常年会費5000円(税込)のゴールドカードに年会費永年無料で申し込むことができる。

国内・海外旅行傷害保険が家族も対象

海外旅行傷害保険の対象が会員本人だけではなく、同伴する家族(本会員と生計を共にする親族で、配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の姻族)まで含まれる。また、国内旅行傷害保険も、利用状況により会員本人および家族(上記と同条件)の分まで付帯する。

海外旅行・国内旅行ともに、補償対象が本人の場合は最高補償金額1億円、補償対象が家族の場合は最高補償金額2000万円となる(ともに傷害死亡、後遺障害保険金額)。

エポスプラチナカードで確認しておきたいデメリット部分

ここまで紹介してきたようにエポスプラチナカードには数多くのメリットが存在する。しかし、その一方で利用の前に確認しておきたいことも。

通常のポイント還元率は0.5%

エポスプラチナカードのポイント通常還元率は0.5%となる。ただし、上記で説明したように年間100万円以上使うと、ボーナスポイント2万円分が上乗せされるので、還元率は2.5%と一気に跳ね上がる。

年間100万円以上クレジットカードを利用する、そんなユーザーには大きな特典となるだろう。

ショッピング保険が有料

エポスプラチナカードにショッピング保険を付けられるが、年会費が別途1000円必要となる。

しかし、購入から90日間補償がつくのは安心でもあり、また、サービス料をエポスポイントで支払える。仕組みを理解すれば、メリットに転じることも可能だ。

エポスプラチナカードはコスパ最強!?

ここまでエポスプラチナカードについて紹介してきたが、他社のプラチナカードよりも比較的、年会費がリーズナブルであるにもかかわらず、ポイントプログラムや付帯サービスが非常に充実している。

数あるプラチナカードの中でもコスパ優秀な「エポスプラチナカード」は、ユーザーにとって魅力ある一枚になり得る。

※データは2020年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※本記事はカードの利用を推奨する目的はありません。あくまで自己責任にてお願いします。

文/praia

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加