今こそ使え!おだやか光線!家族への紹介 /ダーリンは外国人

今こそ使え!おだやか光線!家族への紹介 /ダーリンは外国人

  • レタスクラブ
  • 更新日:2021/09/15
No image

初対面で彼女の母をひいた男 / (C)小栗左多里/KADOKAWA

『ダーリンは外国人』を最初から読む

操る言語は数知れず。語学オタクのアメリカ人トニーさんと出会い、結婚することになった漫画家小栗左多里さん。トニーさんは知的好奇心の塊!独自の日本語解釈とユニークな発想で、いつも小栗さんを驚かせます。ご夫婦の軽妙なやり取りやツッコミ合戦の数々。もはや国際結婚という枠にはおさまりきらない日常がここにあります。

映画化もされた大人気コミックエッセイ「ダーリン」シリーズの記念すべき1作目。トニー&さおりのコンビがおくる、言葉をめぐるコミカルなやり取りがクセになる!『ダーリンは外国人』をお送りします。

国際結婚に限らず、異なるバックグラウンドを持つ者同士が許し合い、思いやることの大切さを改めて考えるきっかけを与えてくれます。

※本作品は小栗 左多里著の書籍『ダーリンは外国人』から一部抜粋・編集しました。

No image

【画像を見る】家族への紹介 / (C)小栗左多里/KADOKAWA

No image

今こそ使え!!おだやか光線 / (C)小栗左多里/KADOKAWA

No image

信じられないだろうけど聞いて!! / (C)小栗左多里/KADOKAWA

No image

お母さん感動した!! / (C)小栗左多里/KADOKAWA

No image

が…外国人…!? / (C)小栗左多里/KADOKAWA

No image

きっと許してくれていたんだと思う / (C)小栗左多里/KADOKAWA

著=小栗 左多里/『ダーリンは外国人』(KADOKAWA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加