昨年11月に左肘手術した西武・小川、不振の守護神・増田に代わり1軍昇格

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/04

西武・小川龍也投手(29)が4日、今季3度の救援失敗の守護神・増田達至投手(33)に代わり出場選手登録された。同投手は昨季、38試合に登板し、2勝1敗3ホールド、防御率2・10。昨年11月に名古屋市内の病院で左肘鏡視下関節形成手術を受け、リハビリに努めてきた。今季は2軍戦で6試合に登板し、0勝0敗、防御率0・00だった。

1軍に合流した小川は「(ファームで投げていて)感覚は悪くないと思っています。(1軍でも試合への臨み方は)いつも通り。チームに貢献できるようにやっていきたい」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加