夏山シーズン ツキノワグマに注意を【岡山】

夏山シーズン ツキノワグマに注意を【岡山】

  • RSK山陽放送
  • 更新日:2022/08/06
No image

夏山シーズンを迎えていますが、岡山県では登山やキャンプなどでクマに遭遇する危険性が高まるとして注意を呼びかけてます。

岡山県によりますと岡山・鳥取・兵庫のツキノワグマ推定生息数は、今年はじめで808頭となっています。環境省の調査では、クマの生息地は全国的に拡大していて、岡山県の増加率は3.8倍で、全国1位となっています。2021年、備前市閑谷でツキノワグマが捕獲されるなど人の生活圏への出没も増えています。岡山県では登山やキャンプなどでクマと遭遇する危険性が高まるとして「山に入る時は鈴やラジオをつける」また「痕跡を見かけたら速やかに山から引き返して」などと注意を呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加