関学大、逆転勝ちで8強入り!準々決勝は慶大と激突/全日本大学選手権

関学大、逆転勝ちで8強入り!準々決勝は慶大と激突/全日本大学選手権

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09

全日本大学選手権第3日(9日、神宮球場ほか)2回戦が行われ、関学大(関西学生)が国際武道大(千葉)に6―4で逆転勝ちし、8強進出を決めた。3点を追う八回、石井雄也内野手(2年)の2ランをきっかけに一挙5得点でひっくり返した。上武大(関甲新)、慶大(東京六大学)、福井工大(北陸)、国学院大(東都)、福岡大(九州六大学)も10日の準々決勝(神宮)に駒を進めた。

■プロ注目左腕・黒原も温存

もんもんとした雰囲気をひと振りで払った。3点を追う八回に打者11人で一挙5得点。火を付けたのは2年生・石井雄の2ランだった。

「流れを変える一打を打たないと…と思っていた。思い切り、どこに飛んでもしようがないぐらいの気持ちで振ったのが、たまたまホームランになってよかったです」

No image

8回 生還し、ベンチで迎えられる関学大・高田(左)=神宮球場(撮影・土谷創造)

三回に1点を先制するも、四、六回に2点ずつ奪われ、逆転された。一方、関学大は四回から4イニング連続無安打。七回までに9四死球をもらいながら、ホームが遠かった。

ようやく逆襲に転じたのが八回。1死一塁で石井雄が思い切りのいいスイングで左中間へアーチ。1点差に詰め寄ると、流れが変わった。連続四球と左前打で満塁とし、押し出し四球で同点。浮足立った相手投手の暴投で逆転に成功した。適時打も飛び出し、リードは2点。本塁打も含めた8人連続出塁の猛攻で、勝負を決めた。

石井雄は大阪桐蔭高では捕手としてプレー。3年時には同校にとって2011年以来8年ぶりとなる春夏連続での甲子園出場を逃した。その悔しさをぶつける大学では「とにかく試合に出たかった」と入学と同時に本荘監督へ内野手へのポジション転向を直訴。一からの練習にも向き合って持ち場をつかんだ。

No image

8回 生還し、ベンチでナインとポーズを決める関学大・高田(左)=神宮球場(撮影・土谷創造)

一発を起点にした一丸野球に、指揮官は「勢いは大切にしていきたいが、まだまだ地力不足。大会を通じてひとつずつ力をつけたい」。8強入りも1964年以来57年ぶりで、1大会2勝は準優勝した59年以来62年ぶりだ。3投手の継投で、8日に7回1失点と好投したプロ注目左腕・黒原の温存にも成功。10日の準々決勝では、東の強豪・慶大に襲いかかる。(須藤佳裕)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加