阪神・ボーアが退団 自由契約選手として公示 NPB他球団移籍模索へ

阪神・ボーアが退団 自由契約選手として公示 NPB他球団移籍模索へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/20
No image

ボーア

日本野球機構(NPB)は20日、阪神のジャスティン・ボーア内野手を自由契約選手として公示した。

ボーア自身の第1希望は阪神残留だったが、高年俸がネックになり、退団が正式決定。今後はNPBの他球団移籍を目指す方針だ。

ボーアはメジャー通算92本塁打の実績を持ち、4番候補として来日。だが、左投手や日本の配球に苦しみ、99試合で打率・243、17本塁打、45打点。推定2億7250万円の高年俸に見合う成績を残せなかった。

阪神の来季戦力構想からは外れたが、本人は日本球界でのプレーを熱望。以前から日本に興味を示していた親日家であり、帰国前には「日本食はおいしく、この日本という国は最高です!」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加