半導体が引っ張り車が押した...韓国の輸出2.2%増、2カ月連続プラスが近づく

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2023/11/21

半導体が引っ張って、車が押した。今月中旬まで韓国の輸出が前年同期比2%ほど増加し2カ月連続の輸出増加が近づいた。

韓国関税庁が21日に明らかにしたところによると、11月1~20日の輸出額は338億ドルで1年前より2.2%増えた。輸入額は352億ドルで6.2%減少した。20日間の貿易赤字は14億2000万ドルとなった。今年の累積貿易赤字は195億3000万ドルと集計された。月間貿易収支は先月まで5カ月連続で黒字を記録しているが、今月は中旬までマイナスとなっている。

昨年10月からマイナス成長のトンネルに閉じ込められていた輸出は先月になり13カ月ぶりにプラスに転換した。今月の実績も好調で2カ月連続で増加する可能性が大きくなった。10-12月期に入り反騰の様相が明確になった。

特にこれまで振るわなかった最大の輸出品である半導体の回復のシグナルが大きくなったのが肯定的だ。半導体輸出は前年同期より2.4%増えた。月末までこうした推移が続けば昨年8月から続いた15カ月連続減少を断ち切ることができる。大規模減産効果などでDRAMやNAND型フラッシュのようなメモリーの固定取引価格が底を打ち反騰した影響とみられる。市場調査会社DRAMエクスチェンジによると、昨年8月に2.85ドルだったDRAM固定価格は今年8月には半分にも満たない1.3ドルまで落ち込んだが、先月に入り1.5ドルに再び上がった。

これまで柱の役割をしてきた乗用車輸出も20.1%増え好調を継続した。家電は25.6%、精密機器は7.0%と輸出が増加した。これに対し船舶輸出は1年前より28.2%減りマイナス成長となった。

国別では最大市場の中国向け輸出が2.4%減ったが、10月の9.6%減に続き減少幅は縮小した。米国向けは15.7%、ベトナム向けは1.4%、日本向けは10.8%増加した。最近国際原油価格が揺らぐ中で原油輸入は1年前より5.7%増えた。ただガスと石炭を合わせたエネルギー輸入額は11.7%減少した。

底を打った半導体景気、自動車の実績維持などにより今後輸出戦線が安定的に増加傾向を継続するだろうという見通しに力付けられる。これに先立ち韓国産業研究院も20日に発表した「2024年経済・産業見通し」を通じ来年の輸出が今年より5.6%増加すると予想した。特に半導体輸出は15.9%増え13大主力産業のうち最も大きい幅の増加率を示すと予想した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加