広島・森下が7回1失点 9勝目の権利を持って降板 明大の先輩・柳と投手戦演じる

広島・森下が7回1失点 9勝目の権利を持って降板 明大の先輩・柳と投手戦演じる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/20
No image

4回表中日1死一、三塁、中日・ビシエドから空振り三振を奪う広島・森下暢仁=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)

「広島-中日」(17日、マツダスタジアム)

先発した広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)=明大=は96球を投げ、7回5安打1失点。勝ち投手の権利を持って降板した。

初回、二回は三者凡退。2-0で迎えた四回には先頭の大島、京田に連打を浴び、無死一、二塁のピンチを背負ったが、阿部、ビシエドを連続三振。2死から高橋に左前適時打を浴び、1点を失うも続くシエラを一飛に抑え、追加点は許さなかった。

その後は力強い直球と多彩な変化球で中日打線を手玉に取り、スコアボードにゼロを並べた。

この日の相手先発はプロ入り後、初のマッチアップとなった柳。柳と森下は明大の先輩、後輩の関係で、柳が主将を務めた4年時、1年の森下と寮で同部屋だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加