北大、高齢化に伴って腸内細菌叢が変化するメカニズムを解明

北大、高齢化に伴って腸内細菌叢が変化するメカニズムを解明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/14

北海道大学(北大)は6月11日、小腸上皮細胞の一種である「パネト細胞」から分泌される、自然免疫の作用因子(抗菌ペプチド)である「αディフェンシン」が高齢者では若年者に比べて有意に少ないことを示し、そのことが高齢者における腸内細菌叢の変化(遷移)に関与していることを明らかにしたと発表した。細菌感染性の下痢に伴う脱水症にはアミノ酸摂取が有効、慶大が確認

同成果は、北大大学院先端生命科学研究院の清水由

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加