"大森山王マルシェ~スイーツビッグフォレスト~"が大田区・大森柳本通り商店街で開催

"大森山王マルシェ~スイーツビッグフォレスト~"が大田区・大森柳本通り商店街で開催

  • ママテナ
  • 更新日:2022/09/23
No image

商店街の活性化と地域住民への情報発信を行う東京都大田区の「大森放送局」は、アキナイをきっかけに地域の世代を超えた交流・会話を生み出し商店街を活性化させることを目的に、子どもたちが商店街から集めたスイーツを販売する「大森山王マルシェ~スイーツビッグフォレスト~」を10月2日(日)に開催する。

開催経緯・課題

これまで進んできた核家族化にさらに追い打ちをかけたコロナ禍により、商店街では、時代と共に人との関わりも変化し、店も利用客も一人が多くなってきた。

現在は無人販売機なども街中では盛んで、コロナ禍によりさらに加速していくモノだけのやり取りで「本当に良いのだろうか、商売があるからこその関係づくりはできないものか」といった声が、商店街関係者の中から出ている一方で、目の前の自分の店舗を回すことで一杯になっているのが現状だという。

開催内容・目的

No image

「大森山王マルシェ~スイーツビッグフォレスト~」は、商店街にあるスイーツを集めて、地域の子ども達が「子ども店員」として商売を通して、世の中の仕組みを体験できるイベントだ。

金銭のやり取りだけでなく、声を掛け合ったり、気にし合ったり、何かがあれば助け合ったり、商売を超えた交流の火を灯すことを目的に、アキナイの裏側にある人と人の関わりを今の時代にあわせて提案できないかと「大森放送局」が考え、同プログラムが作られた。

「大森放送局」は、同イベントを通じ、子ども達に、まち、商店街という場所を通じて、多くの人と出会うことで世界と可能性を広げてほしい。店のことを知り、その地域に興味を持ち、まちの景色を変わった視点で見てほしい。そして何より、おママごとではなく、リアルな商品、金銭、利用客を通じて商売する(=アキナイ)楽しさを体験してほしい。そして世代を超えた交流のきっかけになってほしいと考えている。

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加