水素の価格を2030年に3分の1へ 経産省

水素の価格を2030年に3分の1へ 経産省

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/05/14
No image

動画を見る(元記事へ)

経済産業省は次世代のエネルギーとして期待されている「水素」の価格を2030年に3分の1に引き下げる新たな目標を示しました。

水素は燃焼しても二酸化炭素を出さないため、クリーンなエネルギーとして期待されています。

ただ、価格が1立方メートルあたり100円でガソリンなど既存の燃料に比べて最大12倍とコストが課題です。

このため経産省は2030年に1立方メートルあたり30円と3分の1にする目標を示しました。国内の水素の製造基盤や海外からの輸入体制を強化します。

ただ、30円でも既存燃料より割高なため、2030年以降もさらなる引き下げを目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加