シトロエン国内販売の半数を占める人気車種「ベルランゴ」に3列ロングボディが登場!

シトロエン国内販売の半数を占める人気車種「ベルランゴ」に3列ロングボディが登場!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

ステランティスジャパンは1月18日、シトロエンのベストセラーMPV「ベルランゴ」(BERLINGO)の3列シート7人乗りロングボディバージョン「ベルランゴ ロング」を発売した。

【ボルボ 2023年モデル】新パワートレインやグレード体系の変化を解説

ベルランゴは2020年10月の日本導入以来、シトロエンの国内販売台数の約半数を占めるベストセラーモデル。ユニークなスタイル、優れたユーティリティーやドライバビリティ、快適性など、シトロエンが提供する価値がファミリーユースをはじめ、趣味や仕事のパートナーとして幅広い層に支持されている。

全長4.7m超のベルランゴ ロングは3列目シートが前後にスライドできることや、ゆとりのあるヘッドクリアランスにより、大人もくつろげる十分なスペースを確保している。また、3列目シートを取り外し2列目シートを折りたためば、最大2,693リッターの大容量ラゲッジスペースが出現。ショートボディ比で約27%増となる広大な空間により、さまざまなアクティビティのニーズにこたえる7人乗りのピープルムーバーとして大活躍する。

ボディサイズは全長4,770mm(ショートボディ比+365mm)、全幅1,850mm(±0)、全高1,870mm(+20mm)、ホイールベース2,975mm(+190mm)。ロングホイールベースと乗り心地にこだわった足回り設計が、シトロエンらしい走行安定性を実現した。

エクステリアはベルランゴのユニークなスタイルをそのままに、落ち着きのあるヨーロピアンデザインとなっている。上方に開口するリアゲートは、雨天時に荷物が濡れたり、風に煽られることもない。車両の後ろにスペースの制限がある場合でも、ガラスだけをコンパクトに開けてラゲッジにアクセスすることができる。また、リアゲート上部にはスポイラー(ブラック)を装着している。

パワートレインは現行のショートボディ同様、定評のある1.5Lクリーンディーゼルエンジンに電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせる。ディーゼルとは思えない軽快な吹け上がりとドライバビリティ、低回転からの高トルク、そして最新の排気浄化システムによる高い環境性能を誇る。

グレード構成は「SHINE」と「SHINE XTR PACK」の2種類。基本装備はショートボディの「SHINE」および「SHINE XTR PACK」に準じたもので、上級グレードである「SHINE XTR PACK」には17インチホイール &タイヤ、前後バンパーのアンダーガード風デコレーション、オレンジマットのカラーパック、フロントドアバッジ、専用のシート柄、専用ダッシュボードおよびドアトリムを装備している。

また、ベルランゴ ロングの両グレードには、縦列および並列駐車の出入りの際、ステアリング操作を自動で行うパークアシストを追加で装備している。

カラーバリエーションは「SHINE XTR PACK」がブランイシ、グリアルタンス、グリプラチナムの3色、「SHINE」はこれにディープブルーを加えた4色の設定となる。

メーカー希望小売価格は「BERLINGO LONG SHINE Blue HDi」が443.3万円、「BERLINGO LONG SHINE Blue HDi XTR PACK」が455.4万円。

2023年2月3日〜2月5日(10時〜19時)には、ベルランゴ ロングの発売を記念してデビューイベントを開催。ベルランゴ ロングをはじめとするシトロエン最新のフルラインアップを展示し、試乗イベントも実施する予定だ。会場にはキッズスペースを用意するなど、家族連れで楽しめるイベント内容となっている。会場はグリーンスプリングス立川 東京都立川市緑町3-1(パブリックスクエア/アトリウム/リビングルーム)。

エボル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加