京急電鉄ら4者、遠隔リアルタイム自動監視システムの実証試験

京急電鉄ら4者、遠隔リアルタイム自動監視システムの実証試験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

中央復建コンサルタンツと、ドコモ、京急電鉄、横須賀市の4者は11月20日、鉄道インフラの遠隔からのリアルタイム・自動監視システムの実証試験を、京急電鉄の久里浜工場で2020年12月21日より開始すると発表した。

セコム、来訪者にマスク着用を依頼する「バーチャル警備システム」

同実証は、総務省事業である「地域課題解決型ローカル5Gなどの実現に向けた開発実証に係るインフラ分野におけるローカル5Gなどの技術的条件および利活用に関する調査検討の請負」を、4者がコンソーシアムを組んで実施するもの。

通常時の監視として、固定4Kカメラで車両台車を撮影し、ひび割れがないかを解析・監視し、災害時の監視として、ドローン4Kカメラで線路を撮影し、倒木などの障害物がないかを解析・監視を行う。具体的には、4K映像を5Gの大容量通信を活用してクラウド上に伝送し、クラウド上のAIが映像を解析して、異常を検出する。解析結果は、5Gによってリアルタイムに配信され、遠隔地の管理モニターに表示される。

なお、解析時に活用する高速AIディープラーニングの解析エンジンは、MEC(Multi-access EdgeComputing)クラウド上に構築し、リアルタイムでのAI解析と、セキュリティを維持した映像データの収集・解析・蓄積を実現するとし、同実証では映像の取得から解析後の配信までの時間を1.5秒以内にすることを目指している。

これにより、通常時は車両の遠隔・自動監視による安全性向上を、災害復旧時は、線路の遠隔・自動監視により鉄道係員の安全確保と業務負担軽減につなげる方針だ。4者それぞれの役割は以下の通り。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加