浅野拓磨の肉体がリアル「刃牙」だと話題に!バキバキの“筋肉美”に日本代表が続々反応

浅野拓磨の肉体がリアル「刃牙」だと話題に!バキバキの“筋肉美”に日本代表が続々反応

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

日本代表FW浅野拓磨(ボーフム)の肉体に森保ジャパンのチームメイトからも熱い視線が注がれている。

【写真】リアル「刃牙」に!浅野拓磨の筋肉

代表での活動を終え、プレシーズンまで束の間のオフを過ごしている浅野だが、22日にインスタグラムを更新。「リフレッシュ」のコメントを添え、キックボクシングのジムに訪れたことを明かした。

上半身裸でグローブを付ける浅野は、カメラに向かってファイティングポーズを披露。その姿はさながら本物の格闘家だ。

さらに、浅野は両手を腰に添えて正面のポーズも披露。見事な逆三角形になっており、見るからに体脂肪率が低い体だ。さすがは代表戦士といったところか。

その肉体美には、代表のチームメイトたちも続々反応。MF原口元気(ウニオン・ベルリン)とMF久保建英(マジョルカ)の2人は揃って「刃牙」と人気漫画『刃牙』シリーズの主人公である範馬刃牙になぞらえたほか、MF伊東純也(ヘンク)も「絞れてんなー」と驚きを隠せないようだ。

つい先日には、シント=トロイデンのDF橋岡大樹もキックボクシングに初挑戦。RISE王者・那須川天心とK-1王者・武尊の対戦で注目を集めた格闘技イベント「THE MATCH 2022」の影響もあるのか、海外組の選手の間でキックボクシングが流行しているようだ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加