大橋未歩が生放送で泣きそうに「親の愛情がほしくて」アメフト大学日本一の弟を持ち

大橋未歩が生放送で泣きそうに「親の愛情がほしくて」アメフト大学日本一の弟を持ち

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

大橋未歩アナウンサー

元テレビ東京で現在はフリーの大橋未歩アナウンサーが21日、TOKYO MX「5時に夢中」に出演。家族の話をする中で、泣きそうになる場面があった。

番組では「大谷、松井、イチロー、王、長嶋…次男坊最強伝説」という一部スポーツ紙の特集記事を取り上げ、兄弟に関するトークを繰り広げた。

MCの垣花正アナから話を振られると、大橋アナは「弟の方が経歴が華々しくて。中高大とアメフトで日本一だったんですよ。それは私が親に反抗しすぎたから、私を反面教師にして一切、親に反抗できなかったと。そのエネルギーを全部、アメフトにぶつけたと言っていたので、悪い見本が近くにいるのはいいのかもしれない」と告白した。

大橋アナには2歳下の弟がおり、アメフトの名門、関西学院大卒。大橋アナは過去にも同番組で弟について「両親の視線が全部そっちに行っていて、私はずーっと嫉妬の嵐で」とトークしていた。

この日は、垣花アナから「大橋さんは弟さんがすごいから、よりグレるみたいなことはあったんですか?」と聞かれると「ああ、親の愛情がほしくて…なんでそんな話をするんですか」と泣きそうな顔をした。

共演の故松田優作さんの長女で女優の松田ゆう姫から「え、泣かしてんの?」とツッコまれ困り顔の垣花アナに、大橋アナは「だって5時夢でする話じゃないから…」と深いコンプレックスをのぞかせ、垣花アナは謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加