桐生祥秀、再始動!豪州で100m9ヵ月ぶり復帰へ  飯塚翔太、上山紘輝、真野友博、武本紗栄、秦澄美鈴ら登録

桐生祥秀、再始動!豪州で100m9ヵ月ぶり復帰へ 飯塚翔太、上山紘輝、真野友博、武本紗栄、秦澄美鈴ら登録

  • 月陸Online
  • 更新日:2023/03/19

3月25日に行われる世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・シルバーの「ブリスベン・トラック・クラシック」(豪州)のエントリーリストが発表。日本から多数の選手が登録した。

男子100mには9秒98の元日本記録保持者・桐生祥秀(日本生命)がエントリー。桐生は昨年6月の日本選手権以来の復帰レースとなる。日本選手権後、「陸上やりたい と思うまで少しお休みします」と休養を表明。その後は「潰瘍性大腸炎」を発症していたことを明かしつつ、陸上教室などを再開していた。

また、飯塚翔太(ミズノ)が100m、200mにエントリーした。200mにはオレゴン世界選手権代表の上山紘輝(住友電工)、山下潤(ANA)、鵜澤飛羽(筑波大)が登録している。

男子110mハードルにはオレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)が登録。同400mハードルには岸本鷹幸(同)がエントリーした。同400mは中島佑気ジョセフ(東洋大)、佐藤風雅(那須環境技術センター、※4月からミズノ)のオレゴン世界選手権代表が出場を予定している。

800mには日本記録保持者の川元奨(スズキ)、金子魅玖人(中大)が登録。走高跳には真野友博(九電工)や赤松諒一(アワーズ)のオレゴン世界選手権代表組がエントリー。やり投には日本代表の小椋健司(栃木県スポ協)が登録した。

走幅跳にも代表組が出場。オレゴン代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)、東京五輪代表の津波響樹(大塚製薬)がエントリーした。

女子では100mに君嶋愛梨沙(土木管理総合)が出場。円盤投には日本記録保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)がエントリーした。やり投にはオレゴン世界選手権ファイナリストの武本紗栄(佐賀県スポ協)が出場する。走幅跳には同代表の秦澄美鈴(シバタ工業)がエントリーしている。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加