北朝鮮の工作船と銃撃戦展開した巡視船「きりしま」32年の役目終える

北朝鮮の工作船と銃撃戦展開した巡視船「きりしま」32年の役目終える

  • KTSニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

鹿児島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

2001年、奄美大島の沖合で海上保安庁の巡視船が北朝鮮の工作船と銃撃戦になった事件、当時のことを覚えている方も多いと思います。この時、銃撃を受けた巡視船が25日、32年の役目を終えました。この歴史的事件の舞台となった「きりしま」の当時の乗組員は今、何を思うのか取材しました。

宮崎県の港に停泊する、海上保安庁の巡視船「きりしま」。

小回りが利き、時速65キロ以上と機動力があるため、現場にすぐに駆けつけられるのが強みでした。

南九州の海の安全を守ってきた「きりしま」は25日、巡視船としての役目を終えました。

この「きりしま」が、約20年前の2001年に鹿児島の海域で起きた未曾有の事件に遭遇します。

北朝鮮工作船事件です。

奄美大島沖で見つかった不審船。

当時、串木野海上保安部に所属していた「きりしま」を含む巡視船4隻が対応にあたりました。

当時「きりしま」の乗組員だった第10管区海上保安本部の田中航二郎警備救難部長は、当時をこう振り返ります。

第10管区海上保安本部 田中航二郎警備救難部長

「漁船を擬しているので、外観だけで工作船と断定はできなくて」

再三の停船命令に応じない工作船。

巡視船は、ついに威嚇射撃を始めます。

射撃をうけ、船体から火が上がっても船は止まりません。

この時、田中部長は万が一に備えて準備を進めていました。

10管本部 田中航二郎警備救難部長

「強行接舷の時に「飛び移れ」と言われたらすぐに飛び移れるよう甲板上で待機していた」

工作船を止めるため、接近を試みた「きりしま」。

その時でした。

工作船の乗組員からの銃撃でした。

この時、甲板にいた田中部長。

頭の上を弾が飛んでいったといいます。

10管本部 田中航二郎警備救難部長

「『何だ?』と思って上を見たら、えい光弾が船橋に打ち込まれていた。『あ、撃たれている』と分かって、防弾措置がされている船橋の方に待避した」

その後、反撃をうけた工作船は自爆。

海の底へと沈んだ船は約9カ月後に引き揚げられ、中からはミサイルや銃など100点を超える武器が見つかりました。

工作船の目的は、覚せい剤など不正薬物の取り引きだったとみられています。

北朝鮮の脅威を日本が、鹿児島が痛感させられた事件。

自らも命の危険にさらされた田中部長は、事件を今、このようにとらえています。

10管本部 田中航二郎警備救難部長

「当時の北朝鮮への社会的な論調は、今の時代の北朝鮮に対する論調とは全く異なっていて北朝鮮に対する政策や世論が大きく変わった。そういう意味で意義ある事案だった」

そして巡視船「きりしま」が引退の日を迎えた25日。

日向海上保安署 池田栄作署長

「工作船から被弾しながらも工作船が沈没するまで追跡を続け、任務を果たした姿は永遠に記憶に残るものです」

巡視船「きりしま」は今後、民間業者に売却されるということです。

田中部長は「きりしま」に、ねぎらいの言葉を贈ります。

10管本部 田中航二郎警備救難部長

「『きりしま』でたくさん経験を積んだ。よく32年間も現場で活躍してくれたなという思い」

相次ぐミサイル発射に、解決しない拉致問題。

北朝鮮の脅威はますます増加しています。

さらに、中国海軍の測量船が屋久島沖に侵入するなど、日本の海は一層、緊迫感を増しています。

刻一刻と変化する南九州の海を守ってきた一隻の巡視船は、32年の役目を終えました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加