携帯性が高くて本格的な写真が撮れる格安ストロボ2選【家電批評】

携帯性が高くて本格的な写真が撮れる格安ストロボ2選【家電批評】

  • the360.life
  • 更新日:2021/09/15
No image

いつもの日常を特別にしてくれる「一眼カメラ」。写真をスマホで撮る人が増えていますが、カメラを趣味で始めるなら今が一番面白いんです。そこで、雑誌『家電批評』が、撮り方やおすすめの機種など一眼カメラの魅力を紹介。今回は、サードパーティ製の外付けストロボから携帯重視派におすすめのコンパクトタイプ2選です。

※情報は『家電批評』2021年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

今が一番面白い! 一眼カメラの魅力って?

No image

一眼カメラ

写真を撮るならスマホが断然有利ですが、「一眼カメラ」ってなぜかカッコいいんですよね。ありふれた日常も、カメラで撮ればちょっと特別に。しかも、最近のカメラって、結構いいと思うんです。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が、本気の趣味として始めるカメラの魅力をお届け。カメラの基本や撮り方、おすすめの機種から周辺アイテムまで紹介します。

今回は、サードパーティ製の外付けストロボから携帯重視派におすすめのコンパクトタイプ2選です。

初心者こそ使ってほしい外付けストロボ

No image

外付けストロボ

室内や夜景などで撮影するとなんか暗い……。露出補正や感度アップでもキレイに撮れない……。そんな場合におすすめなのが、外付けストロボです。

外付けストロボは上級者向けで難しいというイメージがありますが、夜景などの暗いシーンでは明るくキレイに撮れて、料理や小物の撮影ではバウンス撮影でプロのような写真が楽しめます。

カメラメーカーの純正ストロボは、カメラとの連携は完全無欠で機能を発揮しますが、高価なのがネック。その点、サードパーティー製のストロボは安く購入できる傾向にあり、初心者でも入手しやすいです。

プロと一緒に外付けストロボ9製品をテスト

No image

外付けストロボ2

そこで『家電批評』2021年9月号』ではフォトグラファーの福永仲秋さんにご協力いただき、安く購入できるサードパーティー製の外付けストロボ9製品をテスト。、初心者でも使いやすいものを探しました。

テストでは、ストロボ選びの最大のポイントともいえるサイズ・光量・発光のチャージ速度などを含めた下記4点に注目しました。

1:チャージ速度

ストロボが発光して次の発光ができるまでの時間をチャージ速度として測定。速いほうが連続撮影に適しており、遅いと次のシャッターチャンスを逃すかもしれません。

2:光の均一性

ストロボの光にムラがあるときれいに写りません。光に明るさのムラがなく、画面四隅まで均等な光が理想です。

3:使い勝手

ワイヤレス機能があると便利です。ストロボを2台以上でライティングする場合は、同時発光をさせるためにワイヤレス機能を活用します。

4:角度調整

ストロボ光を天井や壁に反射させて被写体に自然な光を当てるバウンス撮影には必須です。

No image

外付けストロボ3

左右180度の全方向(片側90度のタイプもある)で上90度に対応している機種は汎用性があり重宝します。

今回は以上の4点を踏まえてテストした結果高評価となった、携帯重視派におすすめのコンパクトタイプの外付けストロボ2製品をご紹介します。

バウンス角が広く使い勝手がいい! ニッシンデジタル「i40」

No image

ニッシンデジタル「i40」

ニッシンデジタル
i40
実勢価格:1万7820円
サイズ・重量:W61×D85×H85mm・約203g
ガイドナンバー:40(ISO100)
バウンス角度:左右180度、上90度
チャージ時間:約2.8秒
TTL:対応
電源:単3形乾電池4本
ワイヤレスフラッシュ機能:光学式

▼テスト結果
チャージ:2点/5点
均一性 :4点/5点
使い勝手:4点/5点
角度調整:4点/5点
総合  :14点/20点

ニッシンデジタル「i40」は、バウンスは上90度、左右180度に回転し、大小の操作ダイヤルは誤操作を防ぎつつ直感的な操作ができます。光量は少なめですが、チャージ時間は平均的です。

小柄でも操作性は良好

No image

ニッシンデジタル「i40」2

大きさが大光量タイプの半分程度なのでミラーレスと相性がいいです。小さなストロボでも視認性と操作性がよく、直感的な操作で使い勝手抜群!

バウンス角は十分あり

No image

ニッシンデジタル「i40」3

上に90度回転するので、天井バウンスなどは問題ありません。

チャージ速度が速くて快適なGODOX「V350」

No image

GODOX「V350」

GODOX
V350
実勢価格:1万8600円
サイズ・重量:約W62×D38×H150mm・約290g
ガイドナンバー:36(ISO100)
バウンス角度:左90度、右180度、下7度、上90度
チャージ時間:約1.5秒
TTL:対応
電源:専用リチウムイオンVB-20
ワイヤレスフラッシュ機能:電波式

▼テスト結果
チャージ:4点/5点
均一性 :3点/5点
使い勝手:3点/5点
角度調整:4点/5点
総合  :14点/20点

GODOX「V350」は、左右トータル270度の大きなバウンス角が魅力。実測で1.5秒のチャージ速度はトップクラスで、人物撮影などで短時間で連続発光させたい場合に威力を発揮します。

ボタンに機能名が付いている

No image

GODOX「V350」2

各ボタンには機能表示がしてあり、ダイヤルを回転させることで調整ができます。

コンパクトながら自由度が高い

No image

GODOX「V350」3

可動域が広いので天井や壁など自在なバウンスが可能です。

以上、サードパーティ製の外付けストロボから 、携帯重視派におすすめのコンパクトタイプ2選でした。

ニッシンデジタル「i40」とGODOX「V350」の総合点は同じですが、プロいわく、「V350はチャージの速さが魅力」とのこと。

ぜひ、ストロボ選びの参考にしてみてください。

ストロボの売れ筋ランキングもチェック!

ストロボのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

『家電批評』2021年9月号

No image

『家電批評』2021年9月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年9月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年9月号では「趣味のカメラは今が一番おもしろい!」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください。

the360.life編集部 / Test by 家電批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加