B&W、完全ワイヤレスイヤホン第2世代モデル「Pi7 S2」「Pi5 S2」。接続性能やバッテリーを向上

B&W、完全ワイヤレスイヤホン第2世代モデル「Pi7 S2」「Pi5 S2」。接続性能やバッテリーを向上

  • PHILE WEB
  • 更新日:2023/01/25

ディーアンドエムホールディングスは、同社取り扱いブランドBowers&Wilkins(B&W)より、完全ワイヤレスイヤホン「Pi7 S2」「Pi5 S2」を2月上旬に発売する。価格はいずれもオープンだが、Pi7 S2は税込63,800円前後、Pi5 S2は税込48,400円前後での実売が予想される。

No image

「Pi7 S2」ミッドナイトブルー

2021年に同ブランド初の完全ワイヤレスイヤホンとして発売された「Pi7」「Pi5」の後継モデル。ハイエンド・スピーカー “800 Series Diamond” を手掛けたチームによるサウンドチューニングや、上質なデザインはそのままに、安定した接続性能やバッテリー駆動時間などを向上させ、さらに完成度を高めたとする。

両モデルともにアンテナ設計の見直しを図り、接続安定性を向上。駅の改札口のような混雑する場所における音切れの発生を抑制した。また、電波の干渉が少ない環境においては、通信距離が最大25mまで向上。より安定した通信状態で高音質なリスニング体験を提供するとしている。

イヤホン単体のバッテリーも前モデルから強化されており、1回の充電で最長5時間(ANCオフ時)のリスニングが可能に。充電ケースを併用することでPi7 S2は16時間、Pi5 S2は19時間の連続再生を実現する。また、15分の充電で2時間の連続再生が可能なクイックチャージ機能、およびワイヤレス充電機能も引き続きサポートする。

コントロールアプリについても、前モデルで使用していた「Bowers & Wilkins Headphones」から、同ブランドのフラグシップワイヤレスヘッドホン「Px8」と同様の「Bowers&Wilkins Music」へと変更。初期設定から各種設定、音楽再生まで、一つのアプリで行える。

Pi7 S2は、B&Wが特別に開発した9.2mmカスタム・ダイナミックドライバーと、高域用のBAドライバーを採用する2ウェイ構成の完全ワイヤレスイヤホン。左右合計4基のドライブユニットを、専用のアンプによって駆動するバイアンプドライブを採用することで、高域と低域の干渉を抑え、正確かつ透明感の高い、ワイドレンジなサウンドを実現したという。

No image

充電ケースによるBluetoothトランスミッター機能を搭載する「Pi7 S2」。ケースにペアリングボタンを備える

ノイズキャンセリング、および通話用として左右それぞれ3基ずつのマイクを搭載。前モデルに搭載されていたアクティブノイズキャンセリング機能は、環境に合わせて最適なノイズキャンセリングを行うアダプティブ・ノイズキャンセリング機能へと強化しており、ユーザーによるモード切り替えなどを介さず、再生音への影響を最小化した最適なノイズキャンセリングが自動的に適用される。

また、ノイズキャンセリング機能から独立してオン/オフができるアンビエントパススルー機能も搭載。マイク性能においても、ノイズを抑えた通話の実現を目指した。

コーデックはaptX Adaptiveをサポートしており、対応機器との接続で48kHz/24bitの再生が行える。

充電ケースによるBluetoothトランスミッター機能は前モデルから踏襲。付属の3.5mmステレオミニケーブル、またはUSB Type-Cケーブルで再生機器と接続することで、再生機器のオーディオ信号をBluetoothでPi7 S2に送信することができる。このトランスミッター機能による信号は、「Px7 S2」やPx8など、他のB&W製のヘッドホンでも再生可能だ。

No image

「Pi7 S2」サテン・ブラック

No image

「Pi7 S2」キャンバス・ホワイト

BluetoothはVer.5.0に準拠し、対応コーデックは先記のaptX Adaptiveのほか、aptX HD/aptX/AAC/SBCをサポート。プロファイルはA2DP v1.3.1/AVRCP v1.6.1/HFP v1.7.1/HSP v1.2/BLE GATT(Generic Attribute Profile)に対応する。

デザインは、前モデルからカラーバリエーションを拡充しており、サテン・ブラック、キャンバス・ホワイト、ミッドナイト・ブルーの3色を用意。付属品としてUSB-C - USB-Cケーブル、USB-C - 3.5mmステレオミニプラグケーブル(ともに80cm)、イヤーチップ(S/M/L)を同梱する。イヤホンの質量は7g(片側)。

Pi5 S2は、Pi7 S2と同様の9.2mmカスタム・ダイナミックドライバーを1基搭載したモデル。アクティブノイズキャンセリングおよびアンビエントパススルー機能を備えるほか、高度なDSP処理による高品質な通話が可能。通話用とノイズキャンセリング用に左右それぞれ2基ずつマイクを内蔵する。

No image

「Pi5 S2」クラウド・グレー

No image

「Pi5 S2」クラウドグレーの充電ケース。こちらにはトランスミッター機能は搭載されない

BluetoothはVer.5.0で、コーデックはaptX/AAC/SBC、そしてTWS+に対応。プロファイルはA2DP v1.3.1/AVRCP v1.6.1/HFP v1.7.1/HSP v1.2/BLE GATT(Generic Attribute Profile)をサポートする。

No image

「Pi5 S2」ストーム・グレー

No image

「Pi5 S2」スプリング・ライラック

カラーバリエーションは、クラウド・グレー、ストーム・グレー、スプリング・ライラックの3色を揃える。付属品としてUSB-C - USB-Cケーブル、(80cm)、イヤーチップ(S/M/L)を同梱する。イヤホンの質量は6g(片側)。

編集部:松永達矢

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加