UAE皇太子、10年ぶりにトルコ訪問 関係改善を模索

UAE皇太子、10年ぶりにトルコ訪問 関係改善を模索

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/11/25
No image

"トルコの首都アンカラで24日、儀仗(ぎじょう)兵による歓迎式に臨んだアラブ首長国連邦の実権を握るアブダビ首長国のムハンマド皇太子(右)とエルドアン大統領=ロイター"

中東・アラブ首長国連邦(UAE)で国政を取り仕切るアブダビ首長国のムハンマド皇太子が24日、トルコを訪問し、同国のエルドアン大統領と会談した。ムハンマド氏のトルコ訪問は2012年以来、約10年ぶり。地域情勢をめぐって相反してきた関係を修復し、経済分野などでの協力を深める思惑がある。

中東で融和の動き、サウジ・トルコが外相会談 背景は…

エルドアン氏は首都アンカラの大統領府でムハンマド氏を出迎えた。一行にはエネルギー・インフラ相などの閣僚や投資企業トップらが加わり、両首脳が立ち会うなかで経済協力などについての合意が交わされた。

ムハンマド氏は、「関係強化のために有益な議論をした。両国に利益をもたらす新たな協力の機会を探ることを楽しみにしている」とツイート。UAEの国営通信は、エネルギーやヘルスケアなどの分野でのトルコへの投資を促進するため、100億ドル(約1兆1500億円)規模のファンドを設立すると伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加