オリックス、大下が2号先制ソロ「打った瞬間入ってくれると思いました」

オリックス、大下が2号先制ソロ「打った瞬間入ってくれると思いました」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

5回、先制ソロを放ち、ダイヤモンドを一周する大下(撮影・伊藤笙子)

「西武-オリックス」(17日、メットライフドーム)

0-0で迎えた五回、オリックスは先頭の大下が十亀の高めのカーブを左翼スタンドに運ぶ2号ソロで先制した。

「とにかく塁に出ることだけ考えて打席に入っていました。感触もよかったですし、打った瞬間入ってくれると思いました!なんとか先に1点が欲しかったので、ホームランになってくれてよかったです!」

大下の本塁打は9月15日・楽天戦のプロ初打席初本塁打以来。

チーム本塁打は7試合ぶり。先制点は3試合連続となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加