出会って30秒で「心ない『がんばって』はムカつきます!」暴言の裏にあった美容師の過酷な環境...

出会って30秒で「心ない『がんばって』はムカつきます!」暴言の裏にあった美容師の過酷な環境...

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/01/15

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまと
性別:女
年齢:41
プロフィール:夫と二人暮らしの主婦です。

大好評! 【漫画】みなさんの体験記 今月の人気ランキング<TOP10>

No image

約10年前、友人宅に行った帰りの夜遅くに駅前を歩いていたら、20代前半くらいの美容師の男性に「明日の夜カットモデルになってくれませんか?」と声をかけられました。

髪型には特にこだわりはありませんでしたし、若い美容師さんの役に立てればいいなと思いましたが、次の日の夜は仕事があって行けません。

私が断っても美容師さんは「お姉さんお願いしますよ〜」と食い下がります。

仕事の都合でどうしても行けないことを伝え、最後に何気なく「がんばってください」と言ったんです。

すると美容師さんは急に表情を変えて舌打ちをしました。

「心のない『がんばって』が一番ムカつきます!」

そう吐き捨てるように言って足早に去って行きました。

残された私は呆然。

自分から声をかけておいて、舌打ちして「ムカつく」だなんて...。

軽い気持ちで言ってしまった「がんばって」が気に障ったかもしれないけれど、出会って1分もたっていない初対面の人に言うことじゃないだろう!

家に帰ってからも、お店にクレームを入れようか、でもお店の名前は覚えてないし...とモヤモヤしていました。

それから数日後、以前美容師をしていた同世代の女友だちと会う機会があったのでこの日のことを話してみました。

「その美容師さんひどいね! でも相当追い詰められてたんだと思う。私も美容師時代は本当に大変だったな...」

彼女によると、当時の美容院での仕事は相当過酷だったとのことです。

朝は開店前から掃除や準備、一日中立ち仕事をしてやっと営業が終わっても、夜遅くまで練習があります。

終電で帰れないこともあるため自転車通勤の場合が多いのですが、美容院があるのはだいたい都心。

そこから自転車で通えるところに部屋を借りるとなると、家賃もばかになりません。

彼女が自転車通勤していた頃、帰宅途中にどうしても疲れてしまい、公園のベンチで一休みしていたら、そのまま朝まで爆睡してしまったこともあったそうです。

常に寝不足な上、週1日の休みもカットモデル探しや仕事で着る服の買い物をしなければならず、ゆっくり休めないとのことです。

さらに男性美容師の場合、街で声をかけても警戒される場合が多く、カットモデル探しが難しいようです。

私の世代は、美容師が対決するテレビ番組が流行り「カリスマ美容師」がもてはやされた時代。

美容師は華やかな職業の象徴でした。

「華やかさの裏でそんな苦労があるなんて...」

初対面の人に暴言を吐いてしまうまでに追い詰められていたのかもしれない美容師さん。

あの日のことをかわいそうに思ってしまいました。

まとめ読み♪ 【漫画】みなさんの体験記 記事一覧はこちら

関連の体験記:「使えない!」「バカじゃない?」暴言連発ポンコツ上司がリストラ。でも自分はデキると信じていた彼は
関連の体験記:「これぐらいやっといて」発注した私に傍若無人な仕事相手。突然退職したが、原因は...私!?
関連の体験記:「てめえのせいで仕事が増えた」「旦那は甲斐性なし」うつ病の私に追い打ちをかけた上司の暴言

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加