新谷仁美、「優勝」「区間賞」「区間新」の“タイトル総取り”宣言!/駅伝

新谷仁美、「優勝」「区間賞」「区間新」の“タイトル総取り”宣言!/駅伝

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

全日本実業団対抗女子駅伝(22日、宮城県松島町文化観光交流館前-弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)の区間オーダーが21日に決定し、注目選手による記者会見がオンラインで行われた。エース区間の3区(10・9キロ)を走るハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(32)=積水化学=は、“タイトル総取り”を宣言した。

言葉に迷いがない。各チームのエースが集う3区を走る新谷。「(区間新)記録を狙いますか」と質問されると、力強く言い切った。

「完璧主義者なので、全部のタイトルを取って帰りたい」

東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)、一山麻緒(ワコール)らと競うが、堂々と「優勝」「区間賞」「区間新記録」を宣言した。

10月のプリンセス駅伝(予選会)では、3区(10・7キロ)の区間記録を1分15秒も塗り替える快走。9月には5000メートルで日本歴代2位の14分55秒83をたたき出した。結果が自信につながっている。

5000メートルと1万メートルで東京五輪の参加標準記録を突破済み。12月4日の日本選手権(大阪)で優勝すれば代表に内定する。「まずはあす(22日)全力で頑張るのみ」。“タイトル総取り”で、大一番へ弾みをつける。

No image

本番を翌日に控え、黙々と調整する新谷。東京五輪マラソン代表を打ち破り、タイトル総取りを狙う (撮影・鳥越瑞絵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加