阪神・前川 ナベじいから“送球の極意”学んだ 鳴尾浜で投手とキャッチボール

阪神・前川 ナベじいから“送球の極意”学んだ 鳴尾浜で投手とキャッチボール

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

キャッチボールを行う前川

阪神・前川右京外野手(19)が24日、鳴尾浜での自主練習で同じ左投げの投手・渡辺雄から送球改善の助言を受けた。秋季キャンプ打ち上げから2日間の休養を取り、早速、課題克服に向けて始動した。

先輩投手の言葉にうなずきながら、丁寧に左腕を振った。シーズン中にはめったに行われない投手とのキャッチボールが実現。渡辺雄からは「(打撃では)軸(足)にためて打ってるやん。投げるのも(軸足に)ためてから」と打撃動作に例えての、送球改善のアドバイスを受けた。

「引き出しとしてあれば、この先役に立つ」と前川。秋季キャンプから筒井外野守備走塁コーチとの送球改善プログラムが始まり、現在は内野のカットマンが捕球可能な縦2メートルの範囲内に投げ込む意識を徹底。ボールの回転にもこだわりながら送球を反復し、手応えをつかみつつある。

「1年間1軍で戦うなら守れないと。送球の精度を上げたい」と背番号58。オフの2カ月間で課題を克服し、来春のアピールに備える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加