ホンダがコンパクトミニバン「フリード」を一部改良 特別仕様車「ブラックスタイル」も登場

ホンダがコンパクトミニバン「フリード」を一部改良 特別仕様車「ブラックスタイル」も登場

  • webCG
  • 更新日:2022/06/23
No image

この記事の画像を見る

本田技研工業は2022年6月23日、コンパクトミニバン「フリード」および同車の2列5人乗り仕様である「フリード+」に、一部改良を実施。同時に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、ともに同年6月24日に発売すると発表した。

快適性や機能性を高める装備を標準で採用

今回の一部改良では、運転席・助手席シートヒーター、ロールサンシェード、フロントドアはっ水ガラスや熱線入りフロントウィンドウなどからなる「コンフォートビューパッケージ」を、広範なグレードで標準装備化。シート表皮には、はっ水はつ油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」を新たに採用し、こちらも標準装備とした(ともにホンダアクセスのコンプリートカー「モデューロX」シリーズは除く)。

またボディーカラーには、「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「フィヨルドミスト・パール」「トワイライトミストブラック・パール」を新設定。全8色のラインナップとした。

価格はフリードが227万5900円から327万8000円、フリード+が236万9400円から308万4400円。なお「フリード モデューロX/ハイブリッド モデューロX」については、2022年7月14日に発売予定となっている。

内外装の黒いアクセントに加え化粧グリルも特徴

同時に設定されたブラックスタイルは、内外装に施された黒のアクセントを特徴とする特別仕様車である。

エクステリアでは、クロスオーバースタイルの「クロスター」と同じ化粧グリルを採用するとともに、15インチアルミホイールやアウタードアハンドル、ドアミラーなどをブラックで統一。インテリアもインストゥルメントパネルの各部をブラック化するとともに、シートカラーも黒とすることで、より引き締まったイメージとした。

価格は以下のとおり。

【フリード】

Gブラックスタイル(FF/6人乗り):241万3400円

Gブラックスタイル(FF/7人乗り):243万5400円

Gブラックスタイル(4WD/6人乗り):257万8400円

Gブラックスタイル(4WD/7人乗り):260万0400円

ハイブリッドGブラックスタイル(FF/6人乗り):269万9400円

ハイブリッドGブラックスタイル(FF/7人乗り):272万1400円

ハイブリッドGブラックスタイル(4WD/6人乗り):286万4400円

【フリード+】

Gブラックスタイル(FF/5人乗り):243万5400円

Gブラックスタイル(4WD/5人乗り):260万0400円

ハイブリッドGブラックスタイル(FF/5人乗り):272万1400円

ハイブリッドGブラックスタイル(4WD/5人乗り):288万6400円

(webCG)

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加