本田圭佑「色々な可能性を模索したい」ポルティモネンセ移籍決断はまだ「大事っすよ、情熱は」

本田圭佑「色々な可能性を模索したい」ポルティモネンセ移籍決断はまだ「大事っすよ、情熱は」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/13

昨年2月に加入したブラジル1部ボタフォゴ退団を年末に表明した元サッカー日本代表MF本田圭佑(34)が12日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)にリモート出演。自身の移籍について語った。

No image

本田圭佑

番組冒頭でアシスタントを務める同局の東島衣里アナウンサー(30)から「色々な報道が出ていますが、本田さんの言葉で話せる範囲で教えていただけたら」と話を振られた本田は、最初に現在の居場所を聞かれて「今はですね、ポルトガルのポルティマンという場所にいるんですかね」と報告。ポルトガル到着後にPCR検査を受けて陰性が確認されたため、自由に出歩いていることを明かした。

そして、収録日が日本時間1月9日午後6時と明かした東島アナからポルトガル入りした経緯について聞かれると「このポルティマンという場所にですね、ポルティモネンセというポルトガルリーグのクラブがあってですね、そこのチームから今オファーをいただいているような状況なんですね」と説明。「ケガをしているというのもありますし、僕自身、サッカーの移籍市場というのがありまして。それが1月末までなんですよ。で、そこまでは色々な可能性を模索したいなっていうのがあったので、先方に月末まで考えていいというような条件であればちょっとそっちに足を運んで視察というような形で見させてもらいたい、と。で、最終的に契約するかしないか等も含めて他のところをもう一回ギリギリまで検討したいからっていう話を。それで良ければ行きますよっていう話を受け入れてくれたので、今、僕はここに来て、リハビリですけど、今チームの練習を見たり、監督と話したりみたいな感じをしてますね」と現状を明かした。

そして、移籍先を決める基準について問われると「いや、そりゃあ、ね…。レベルがより高い場所でプレーできるなら、それにこしたことはないので…うん。でも、なかなかね、この状況で。僕の年齢とかもあるし。自分の行きたいようなクラブに簡単には行けないので。その中で何をするかっていうのはやっぱりもう正直にね、自分の感情っていうか情熱にね、耳を傾けないとあかんなっていうふうに思ってて。何か仕事の意思決定する時にやっぱり年俸とか、周りがどう見るかとか、そういうことを気にして決めがちなんですけど、今の僕はそういうことはあまり気にしていないので、うん。この監督のもとでとか、この仲間とともにとかっていうようなそういうところが一番大きいですかね、僕の中では。だからここに足を運んで、実際に現場を見て、現場と話をしてっていうのを重要にしてますね」と話し「大事っすよ、情熱は」と楽しそうに付け加えた。

本田は昨年12月30日、自身のツイッターにポルトガル語で「個人的かつプロとしての理由で決断した」などと投稿し、チームメートやファンに感謝。シーズン途中での退団に「結果を出せず、批判は受け入れる。言い訳はしない。残念だし、申し訳ない」とつづっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加