J:COM 相模原商工会議所 みんなで街を味わおう 地元グルメプレゼント〈相模原市中央区〉

J:COM 相模原商工会議所 みんなで街を味わおう 地元グルメプレゼント〈相模原市中央区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

相模原商工会議所は現在、ケーブルテレビ局J:COMと連携したプレゼント企画を実施している=画像。特別番組で、同会議所飲食宿泊業部会に加盟する市内10店舗の「本気の料理」を紹介するとともに、その店舗のグルメをプレゼントするというもの。番組の放送は9月30日(金)、プレゼントの応募は10月15日(土)まで。

番組で紹介

番組は9月特番「秋の大感謝☆プレゼントスペシャル♪2022」。チャンネルは地上デジタル放送11チャンネル「J:COMチャンネル神奈川」。期間中、毎日放送される(放送時間はホームページにて)。番組では各店舗と提供する料理の紹介などがある。なお、プレゼントはそれぞれの店舗の食事券や名物グルメセットなどでホームページからも応募できる。

原部会長に聞く

「みんなで街を味わっていただきたい」。飲食宿泊業部会長の原幹朗さん(北辰企業代表取締役)はそう呼びかける。

今回の企画に至った経緯について原さんはアフターコロナやリニア新幹線開通後の「相模原再興」を考える中で「地産で特色のある名物づくりが一つの要素になる。相模原の名物に成り得る店舗を発掘し、支援していく方法をみんなで探りました」と振り返る。ただ、時節柄、グルメコンテスト等のリアル開催のイベントは実施し難い面もあり、「非対面・非接触で、相模原の魅力ある店舗をPRしていこう」と、テレビ番組で人気のあるプレゼント企画とコラボレーションする形を採ることになったという。

努力の飲食店評価

実施にあたり部会内で公募を行い、審査を経て、10店舗を厳選。審査では、コロナ禍という時代に合わせて、「安心できる店づくり」や「新商品・サービスの開発」、「生産者連携」に取り組むなど独自の経営努力で研鑽を重ねた店舗を評価したそう。「こうした魅力ある店舗を、テレビを通じて皆さまに知っていただけることや、お店の味をプレゼントという形で楽しんでいただけることが今回の企画のポイントになると思います」

また、部会としてはコロナ禍という経済社会の環境変化に対応するために、独自の経営努力を行っている店舗を重点支援することで、「参加店舗の知名度向上」および、「事例共有による個店の経営力向上」につなげていくことも今回の目的としている。

名物づくりへ

「魅力的な飲食店を再発見していただく良い機会になると思っています。プレゼントとして各店舗の味を知ってもらうことが、地産で特色のある名物づくりの第1歩になるとも考えています」と原さん。J:COM担当者は「地元のお店を盛り上げる楽しい番組構成となっています。プレゼントの応募は簡単ですので、ぜひ応募して豪華賞品をゲットしていただきたいです」と話した。

詳細は同会議所経営支援課【電話】042・753・8135。■プレゼント企画参加10店舗◆ビストロマサキワミ(緑区橋本)◆旬鮮酒場NOBU(南区南台)◆羊肉酒場火辻(緑区橋本)◆串焼しまちゃん(緑区東橋本)◆福よし古淵店(南区古淵)◆朝日屋(中央区相模原)◆Bar507(中央区陽光台)◆すごいっ手羽(南区相模大野)◆昌龍飯店(南区相模大野)◆カフェ・トガシ(中央区中央)

No image

「みんなで味わおう」と企画への参加を呼び掛ける原さん

No image

「みんなで味わおう」と企画への参加を呼び掛ける原さん

タウンニュースさがみはら中央区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加