センバツ開催準備へ 専大松戸の持丸監督「甲子園は一番成長できる」

センバツ開催準備へ 専大松戸の持丸監督「甲子園は一番成長できる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

昨秋の関東大会で4強入りし、センバツ出場が確実の専大松戸が14日、同校グラウンドで行われた練習を公開した。

No image

センバツ当確の専大松戸が練習公開。エースの深沢(右)と見守る持丸修一監督(撮影・柳内 遼平)

センバツが有観客で開催する準備を進めることに対し、常総学院など率いた4校全てを甲子園に導いた持丸修一監督は「(可否の)どちらでも大変な決断だったと思う。甲子園は一番成長できる場所。選ばれたら一生懸命やろうの一念です」と話した。

関東大会で2試合連続完封など好投したエース右腕の深沢はブルペンで新球ツーシームなど約40球を投げ込み「センバツまでに使えるようにしたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加