家まで登場、驚きの高額商品 西武・栗山巧選手2000安打記念

家まで登場、驚きの高額商品 西武・栗山巧選手2000安打記念

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

栗山選手プロデュースの「西武ハウス 栗山巧の家」外観イメージ図=埼玉西武ライオンズ提供

プロ野球・埼玉西武ライオンズの栗山巧選手の2000安打記念グッズが150種類を超えて増える中、約2700万円の住宅や約990万円の実寸大銅像など、驚くほどの高額商品が登場した。

【西武・栗山 生え抜き初の2000安打】

住宅は、西武グループの西武建設と企画した栗山選手プロデュースの「西武ハウス 栗山巧の家」(木造2階建て延べ約100平方メートル)。オン・オフを切り替えでき、家族がリラックスできるという考えで設計した。

2階がリビングで、1階には1人で集中できる場として栗山選手が好きな青とグレーを配した部屋など個室が中心。玄関に足形や写真を飾るほか、外装も出身地・神戸市のレンガ倉庫にちなんでレンガ風タイルを張り、高さ2000ミリ(2メートル)の部分は色を変えて2000安打達成の祝いを盛り込んだ。最初に成約した家に、栗山選手が訪問する特典も。

5棟限定で、価格は建物のみ。土地は同グループ内で仲介もするという。

銅像は他に例があるが、990万円は破格。3Dスキャンしたデータを基に作った。バットを手に立つ姿で、台座を合わせ高さ約280センチ、重さ約2.8トン。実寸大はさらに、胸像(550万円)、手のオブジェ(11万円)もある。

球団広報はこうした記念商品を発売する理由について「生え抜き選手の記録達成は初めてなので」と説明する。高額の記念品はこれで打ち止めという。詳細は球団ホームページで。【清藤天】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加