コロナ特例貸付制度を悪用か 元暴力団組員の男逮捕

コロナ特例貸付制度を悪用か 元暴力団組員の男逮捕

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

新型コロナウイルスの影響で収入が減った人を支援する貸付金制度を悪用して現金20万円をだまし取ったなどとして、元暴力団組員の男が逮捕されました。

指定暴力団神戸山口組系の元組員・満潮容疑者(65)は5月、東京都の社会福祉協議会の貸付金を申し込む際に、新型コロナの影響で収入が減ったと嘘の申請をして現金20万円をだまし取ったなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、満容疑者は当時、暴力団の組員であることや解体作業員として収入を得ていたことを隠して申請をしていました。満容疑者は「お金はだまし取っていません」と容疑を否認しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加