首位ヤクルト、中日と引き分けマジック7 巨人に勝利した2位・阪神とは2差

首位ヤクルト、中日と引き分けマジック7 巨人に勝利した2位・阪神とは2差

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

ヤクルト・原樹理 (C)Kyodo News

中日 1 - 1 ヤクルト
<24回戦・バンテリンドーム>

ヤクルトは先発の原が7回1失点と好投したが3勝目とはならず。中日と引き分けマジック7としたが、巨人に勝利した2位・阪神とのゲーム差は2に縮まった。

ヤクルトは2回、7番・サンタナが15号ソロを右翼席へ運び先制。3回以降は追加点を奪えなかったが、先発の原が6回までゼロを並べ1点リードで終盤を迎えた。しかし7回、原は一死一塁で代打・A.マルティネスを三ゴロに打ち取ったものの、併殺コースの打球を三塁・村上がファンブル。一塁はアウトにしたものの走者が二塁に残り、続く桂に同点となる適時三塁打を許した。

試合はそのまま1-1の引き分けで終了。ヤクルトは自力でマジックを1つ減らしたが、2位の阪神が勝利したためゲーム差を詰められた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加