「凄く好き」「一番酷い」賛否両論の物議醸すベルギーの“斬新すぎる”W杯アウェイユニ、カラーリングに非難が「オランダじゃない?」

「凄く好き」「一番酷い」賛否両論の物議醸すベルギーの“斬新すぎる”W杯アウェイユニ、カラーリングに非難が「オランダじゃない?」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/23
No image

ベルギーサッカー協会(RBFA)は23日、ベルギー代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で着用するアウェイユニフォームを発表した。

【写真】賛成?反対?奇抜すぎる試みで賛否両論のベルギーW杯アウェイユニフォーム

すでにホームユニフォームが発表され、袖口の炎の柄が話題となっていた中、アウェイユニフォームも大きな話題となっている。

ベルギーのアウェイユニフォームだが、ベルギーで開催される世界最大規模のEDMイベントである「Tomorrowland」とコラボし、ポジティブで、遊び心のある形で「LOVE」を呼びかけることをコンセプトとした。

白をベースとしたユニフォームだが、「Tomorrowland」の花火からインスピレーションを得たカラフルなグラフィックが特徴。多様性、平等、包括性という共通の価値観を象徴している。

アディダスのロゴやRBFAのエンブレム、そして背番号はオレンジや紫、黄色、赤などのカラフルなデザインに。また、背番号の下には大きく「LOVE」の文字がカラフルなデザインで入っている。

これにはファンも「これはなんだ!?」、「素晴らしい写真」、「素晴らしいぞ!」、「凄く好き」、「愛してる」と好意的な意見も多い中、奇抜すぎる試みに反発も。「今までで一番酷いぞ」、「なぜこれがベルギーカラー?」、「地獄だ」、「オランダじゃない?」、「なんだこれ」、「ロゴが全く見えない」と、ベルギーの国旗に使用されている、赤、黒、黄色を全く感じないカラーが使用されていることに非難が衆中している。

なお、このアウェイユニフォームは25日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表戦でお披露目される。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加