阪神「まん延防止等重点措置」で入場者数を大幅制限

阪神「まん延防止等重点措置」で入場者数を大幅制限

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

コロナ対策で空席となったアルプス席(撮影・清水貴仁)

<阪神6-2巨人>◇6日◇甲子園

兵庫県に新型コロナウイルス感染拡大による「まん延防止等重点措置」が5月5日まで適用されることに伴い、阪神は甲子園球場の入場者数を大幅に制限して巨人戦を開催し、観衆は8609人と発表した。

オープン戦までは1万人だった。制限は5月2日広島戦までの15試合で、発売済みの年間予約席のみ有効。ファンクラブ会員への先行発売、一般発売(車椅子席含む)の実施は行わない。措置が解除され、入場者数の上限が緩和された場合は入場券の発売再開を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加