キヤノンのお手軽ミニプリンター「SELPHY CP1500」レビュー! スマホの写真をデコってみた

キヤノンのお手軽ミニプリンター「SELPHY CP1500」レビュー! スマホの写真をデコってみた

  • CAPA CAMERA WEB
  • 更新日:2022/09/23

関連:“チェキ”の遊べるスマホプリンターを体験してみた!

キヤノンのコンパクトフォトプリンター SELPHY CPシリーズが約5年ぶりにモデルチェンジ。スマホとの親和性を高め、専用アプリからの多彩なプリントに対応する「SELPHY CP1500」が登場した。スマホ写真をとことん楽しめるプリンターだ。

No image

SELPHY CP1500 (ピンク)

簡単セットアップでスマホからダイレクトにプリントできる

カメラで撮影した写真はもちろん、スマホからもダイレクトにプリントできるミニフォトプリンター。用紙の最大サイズはポストカードだ。また、Lサイズのほか、シールや証明写真など、多彩な用紙が用意されている。

プリントは粒状感のない滑らかな階調を実現。ラミネート加工が施され、アルバム保存100年を実現している。

自動補正機能でくっきりきれいな写真プリントが楽しめる

自動補正機能のオンとオフを比較。オンはコントラストが高く、くっきりした仕上がりだ。オフはシャドーの締まりが弱く階調重視の印象。デフォルトはオンに設定されている。人物では肌の色を鮮やかに表現できる。

No image

自動補正機能オン

No image

自動補正機能オフ

インクカートリッジを装填し用紙をセット

インクは昇華型熱転写方式を採用。用紙とセットになったインクカートリッジを本体横から装填する。難しい設定はなく、誰でもカンタンにセットアップ可能だ。

No image

大型液晶モニターでプリント設定を確認

液晶画面は3.5型。視認性は高いがタッチパネルではないのが残念。操作は本体の十字ボタンで行なう。スマホからの操作を基本にしている印象だ。

No image

スマホとの連携が強化され写真をオシャレに演出できる

注目なのはスマホとの連携の強化。専用アプリ「SELPHY Photo Layout」をインストールすると、通常の印刷に加え、写真をデコレーションできるパターンオーバーコートや、指定したURLにアクセスできるQRコード印刷が可能になる。

スマホとの接続も「CP1500」側のQRコードをスキャンするだけなのでカンタンだ。ファミリーユースのプリンターとして、家族や友達同士で活用したい。

お気に入りの写真を自由にデコレーション

パターンオーバーコートからフラワーを選択し、スマホからヒマワリの写真を印刷。画面周囲に花の絵が追加された。また、QRコード印刷も可能。自分のSNSやホームページなどの情報も入れられるので、名刺代わりにも使える。

No image

QRコードを読み取ってスマホとWi-Fi接続

「CP1500」のQRコードを読み取るだけで、スマホとダイレクトにWi-Fi接続できる。アプリも操作がわかりやすく、スマホ内の写真をスムーズにプリントできる。

No image
No image

QRコード印刷画面

キヤノン SELPHY CP1500

発売日 2022年9月16日
参考価格 18,390円 (税込)

カラー ホワイト、ピンク
プリント方式 昇華型熱転写方式 (オーバーコート付き)
解像度 300×300dpi (256階調)
プリント速度 約41秒 (ポストカード)
インターフェース USB Type-C (データ転送用)
無線通信方式 Wi-Fi IEEE802.11b/g
液晶モニター 3.5型
大きさ (縦×横×高さ) 約133.0×182.2×57.6mm
質量 約850g (インクカセット、ペーパーカセット、用紙を除く)

※本レポートはベータ機を使用しています。参考価格は記事公開時点の量販店価格です。

藤井智弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加