【野球殿堂】特別表彰に作家の佐山和夫氏「私が一番驚き」 著書で野球史伝える

【野球殿堂】特別表彰に作家の佐山和夫氏「私が一番驚き」 著書で野球史伝える

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表した。競技者表彰はプレイヤー部門、エキスパート部門ともに選出者はいなかった。特別表彰ではアトランタ五輪野球日本代表監督の川島勝司氏(77)とノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。

No image

佐山和夫氏

和歌山県出身の佐山氏は99年から日本高野連の顧問を務め、07年からは春の選抜大会の21世紀枠特別選考委員を務めている。野球史を伝えるノンフィクション作家として84年にはニグロ・リーグの伝説の投手、サチェル・ペイジを描いた「史上最高の投手はだれか」。93年には日米史に関する「野球とクジラ」など多数著した。

佐山氏は「この世の中で私が一番驚いていると思います。球歴は全く無い。小学生時代に務めた旧制和歌山中学のボールボーイが、最高の球歴。電話をいただいた時は驚き、お礼の言葉も忘れてしまい、失礼しました」と喜びの思いを口にした。

特別表彰はプロ野球役員やアマチュア野球役員、識者からなる選出委員の投票で決まる。有効投票数は14で、当選必要数は75%以上にあたる11だった。

○開票結果

川島 勝司 13

佐山 和夫 12

古関 裕而 5

谷村 友一 5

松前 重義 4

金子  鋭 1

尾藤  公 1

有田 辰三 0

太田  誠 0

近藤兵太郎 0

◆佐山 和夫(さやま・かずお)1936年(昭11)8月18日生まれ、和歌山県出身の84歳。慶大卒。ノンフィクション作家。99年から日本高野連顧問、07年から選抜高等学校野球大会21世紀枠特別選考委員を務める。「史上最高の投手は誰か」「野球とクジラ」など著書多数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加