【茨城県】クレー射撃・中山さん 結城市役所と県庁表敬 茨城

【茨城県】クレー射撃・中山さん 結城市役所と県庁表敬 茨城

  • 茨城新聞クロスアイ
  • 更新日:2021/10/14
No image

小林栄結城市長(右)に東京五輪の結果を報告した中山由起枝選手=結城市役所

■東京五輪の応援に感謝
東京五輪のクレー射撃に出場した結城市在住の中山由起枝選手(42)=日立建機=が13日、茨城県の結城市役所と県庁を訪れ、個人トラップで19位、夫・大山重隆選手(40)と組んだ混合トラップで5位入賞したことを報告し、応援に感謝した。

結城市役所で小林栄市長と面会。「自分たちの最高のパフォーマンスだった。山あり谷ありの人生だったが、最後まで自分のスタイルを貫くことができた。地元をはじめ多くの方々のサポートに感謝している」と話した。小林市長は「長い競技生活の中には大変な苦労もあったと思うが、今後は結城市のためにアドバイスをいただきたい」と願った。

続いて、県庁の大井川和彦知事を表敬訪問し、東京五輪の賞状を見せながら「今までにない達成感と充足感を得た大会だった」と笑顔で報告した。大井川知事は「茨城県の誇り。茨城との縁を維持してほしい」と今後の活躍に期待を寄せた。

東京五輪を最後に第一線を退く中山選手は「緊急事態宣言が解除され、ようやく選手として最後の報告ができて特別な思い」と話し、今後については「指導者や人材育成に携わり、自分が培った経験を生かしていきたい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加